サムライブルーの原材料BACK NUMBER

18歳、遠藤保仁デビュー戦の真実。
中村俊輔の共感、岡山一成の嫉妬。
 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/09/02 19:30

18歳、遠藤保仁デビュー戦の真実。中村俊輔の共感、岡山一成の嫉妬。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

遠藤保仁のJリーグデビュー戦は、横浜国際総合競技場で初めて行われた「横浜ダービー」だった。

松田も俊輔も、みんなが褒める。

 裏表のない愛されキャラという話は、あの横浜ダービーの終盤に出場したマリノスの岡山一成(現在はJFL、鈴鹿アンリミテッドコーチ)にも聞いたことがあった。

 学年は岡山のほうが1つ上。パーソナルトレーニングのつながりで遠藤のことは入団当初から知っていた。最初「嫌い」だったそうだ。

「いやいや、古い考え方かもしれないですけどね、マリノスの選手がライバルのフリューゲルスの選手と仲良くするってことにちょっと抵抗があったわけですよ。それに俊輔も、マツさん(松田直樹)もみんなヤットを褒めるんです。“凄いよなあ”って。俺、マツさんに褒められたこと一度もないし、俊輔なんて俺と話をするときはサッカーの話なんてしないのに、ヤットとは“分かる、分かる”みたいな感じでサッカーの話、弾んでいるんです。嫉妬ですね、これは(笑)。嫌いというよりはちょっとした嫉妬。お兄さんのアキさん(遠藤彰弘)まで“ヤットはうまいから”ってずっと言ってましたから」

対戦してわかった“凄い、凄い”の理由。

 岡山は川崎フロンターレ時代にいち早く中村憲剛の才能を認めていた一人だが、遠藤についてはそれがなかったという。

「俊輔や憲剛は最初から凄いなっていうのはありました、でもヤットには特に感じなかったんです。でも10年くらい経ってかな、(コンサドーレ)札幌でDFとして起用されるようになってガンバと対戦したら、アイツの凄さがはっきり分かりました。取りにいけないヤバいパスを何本も出してくる。周りが“凄い、凄い”と言っている理由が、10年越しに理解できたんです。

 交流はずっと続いていますよ。奈良クラブ時代には僕の知り合いの人とわざわざ写真を撮ってくれたり、いいヤツなんです。ホント、大好きです」

【次ページ】 サッカーは一人じゃ何もできない。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

遠藤保仁
ガンバ大阪
横浜フリューゲルス
横浜F・マリノス
波戸康広
佐藤一樹
岡山一成
松田直樹
中村俊輔

Jリーグの前後のコラム

ページトップ