スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

「ヤマナカ、ダァッシュ」が初切符。
ラグビーW杯戦士の選出で思うこと。
 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/08/30 14:15

「ヤマナカ、ダァッシュ」が初切符。ラグビーW杯戦士の選出で思うこと。<Number Web> photograph by Kyodo News

4年前の屈辱を晴らした山中亮平。献身的なプレーと得点力が評価され、メンバー入りを果たした。

勝てば最高の状態で、苦戦をすれば……。

 今回のメンバー発表の席で、ジェイミーはこう言った。

「この3年間で、すべての『ティアI』の国とテストマッチを行うことが目標でした」

 たしかに、南アフリカ戦で北半球6か国、南半球4か国との対戦をすべてこなしたことになる。

 では、具体的にはどんなテーマを持って南アフリカと戦うのか、とても興味深い。

 もちろん、勝てば最高の状態で本大会に臨める。ただし、厳しい内容だった場合、本大会に向けての気運に水を差すことにもなりかねない。

 開幕2週間を前に、ジェイミー・ジョセフのマネージメント能力が問われる試合になる。

 W杯のシナリオは、南アフリカ戦を見てからゆっくり考えることにしよう。

関連記事

BACK 1 2 3
ジェイミー・ジョセフ
山中亮平
立川理道
山田章仁
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ