話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

水戸・小川航基が貪欲に求める結果。
J1昇格、15点、堂安と一緒に五輪。

posted2019/08/28 11:30

 
水戸・小川航基が貪欲に求める結果。J1昇格、15点、堂安と一緒に五輪。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

水戸・長谷部監督から指示を受けるFW小川。移籍後、6試合で4得点を挙げていたが、第29節東京V戦ではノーゴールに終わった。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 J2第29節の試合終了後、水戸ホーリーホックの選手たちはがっくりと腰を折って、膝に手をつき、しばらく顔を上げられなかった。目下の敵である東京ヴェルディに1-2で敗れ、昇格レースで2位内を狙う中、6位で足踏み状態が続いている。

 試合後、悔しい表情を見せていたのは、水戸FW小川航基だった。

「昇格するチームって、僕は経験ないけど、たぶん内容悪くてもポロッて勝って、勝ち点を積み上げていくチームだと思うんです。逆に内容はいいけど、勝てないのはちょっと良くない傾向かなと。どんなに内容が悪くても勝ち点3を何がなんでも勝ち取るぐらいの気持ちでいかないと、これから先、厳しいかなって思います」

 水戸の場合、若干スロースターター的なところがある。この日のヴェルディ戦も2失点した後、目が覚めたように攻撃に転じて、流れを掴んでいった。

 だが、横浜FCや柏レイソルのように得点力がずば抜けてあるわけではない。そのため、序盤の2失点が命取りになってしまった。この試合も1点を返したが、そこからさらに畳みかけて得点することができなかった。

「後半よくなったけど、前半の最初から攻撃する姿勢を見せていかないといけない。うちはそういう姿勢を見せて、走らないと勝てないチームだと思うんで、そこを肝に銘じて次の試合、前半から積極的に行って勝てるようにしていきたいですね」

「バーに当たって惜しいじゃダメ」

 小川はチームの課題を淡々と語ったが、自分自身のプレーについて話が及ぶと表情が険しくなった。

 7月14日にジュビロ磐田から水戸に移籍した。23節の琉球戦から3試合連続でゴールを挙げ、前節の京都戦まで6試合で通算4得点を挙げた。7試合目となるヴェルディ戦はノーゴール。マークが厳しくなる中、小川は5本のシュートを放ったが、バーに当たるなどアンラッキーな面があり、決定機を決めることができなかった。

「マークされるのは普通だし、その中で点を取れないと本当に先がない。それにバーに当たって惜しいじゃダメなんですよ。ああいうシュートをしっかり決められないと結果を残せないし、上にもいけない」

【次ページ】 小川航基が結果を求める理由。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

水戸ホーリーホック
小川航基

Jリーグの前後のコラム

ページトップ