野ボール横丁BACK NUMBER

奥川恭伸は誰よりも穏やかなエース。
笑い、泣き、不安すら受け入れて。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2019/08/28 11:50

奥川恭伸は誰よりも穏やかなエース。笑い、泣き、不安すら受け入れて。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

決勝で敗れ、悔しいはずの状況でも奥川恭伸は自然体だった。「投手は王様」という言葉が似合わない大投手だ。

決勝の後、しばらくは笑顔だったが。

 決勝戦の前は、試合後の自分の姿をこう予言した。

「たくさん応援してくれているので、アルプス(スタンド)に行くときは、勝っても、負けても、泣いてるんじゃないかな、と」

 実際は、敗戦後、奥川はしばらく笑顔を振りまいていた。ところが、閉会式が始まる直前、三塁側ベンチ上から宇ノ気中学時代の恩師である三浦隆則と福島栄一に何事か声をかけられてから、涙が止まらなくなってしまった。

「最初は、『もう少し、しっかり投げろよ』と言われて、最後の方には『お疲れさま』って温かい言葉をもらって。そこで泣いちゃいました。すごいお世話になった先生たちなので、こみ上げるものがありました。改めて、支えてくれている人たちがいて、野球ができてるんだと実感しました」

 行雲流水。仏教用語で、空を行く雲や流れる水のように決まった形を持たずに流れるままに身を任せるという意味の言葉だが、奥川はまさにこの言葉を体現しているかのようにしなやかで雄大な投手だった。

関連記事

BACK 1 2
奥川恭伸
星稜高校

高校野球の前後の記事

ページトップ