甲子園の風BACK NUMBER

高校野球史上最高の投手なのか……。
佐々木朗希を江川卓と比較してみた。 

text by

太田俊明

太田俊明Toshiaki Ota

PROFILE

photograph by(L)Kyodo News/(R)Asami Enomoto

posted2019/08/15 11:50

高校野球史上最高の投手なのか……。佐々木朗希を江川卓と比較してみた。<Number Web> photograph by (L)Kyodo News/(R)Asami Enomoto

写真左は、1973年の夏の甲子園。対銚子商戦での江川卓の投球フォーム。右は岩手県大会での佐々木朗希。

もし江川があのまま順調に伸びていたら……。

 巨人入団時の投手コーチだった杉下茂は、江川の左肩が早く開き、右腕を振り切らずに押し出すようにしているのを見て、「肩を痛めているのではないか」と思ったという。 

 プロ野球に入ってからは肥満し、下半身が使えず腰高のフォームとなり、ますます腕に頼るフォームに変わっていった。

 江川は、高校3年で球速に関しては成長が止まってしまった。

 その江川に佐々木が勝っているものが、少なくとも3点ある。

 ひとつが、高校時代に国保監督によって故障を起こさぬよう大切に育てられたという点。2つ目が体格。183センチの江川に対して、佐々木は既に190センチで、更に成長しそうだ。3点目が、江川が大学に進んで更なる連投を強いられたのに対して、佐々木がプロ入りを選ぼうとしている点だ。現代のプロ球団であれば、連投を強いられることもないし、科学的な投手育成方法にも精通している。

 高校時代の江川を見た者は誰でも、もし江川があのまま順調に伸びていっていたら、どんな投手になっただろうと夢を見る。

 佐々木投手には、ぜひその夢の続きを見せてほしい。

<夏の奇跡の物語>甲子園旋風録。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 984

<夏の奇跡の物語>
甲子園旋風録。

【スペシャルインタビュー】 吉田輝星「金農旋風のど真ん中で」
【密着ドキュメント】 佐々木朗希「2つの大船渡旋風」
【佐賀北優勝メンバー同窓会】 がばい旋風、再び
【最上級生が語る】 1983年、桑田・清原の衝撃
【ヒーローが選ぶ旋風ベスト3】 水野雄仁/荒木大輔

特別定価:本体574円+税目次ページへ

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5 6

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

江川卓
佐々木朗希
作新学院高校
大船渡高校
国保陽平
大谷翔平

高校野球の前後のコラム

ページトップ