バレーボールPRESSBACK NUMBER

名セッター古藤千鶴、36歳での引退。
黄金時代を築いた久光製薬への愛。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byMatsuo/AFLO SPORT

posted2019/08/07 11:00

名セッター古藤千鶴、36歳での引退。黄金時代を築いた久光製薬への愛。<Number Web> photograph by Matsuo/AFLO SPORT

久光製薬スプリングスで10年間プレーした古藤。今年6月で現役を引退した。

ゴールデンセットで我に返った。

 その試合に久光製薬はフルセットで敗れ、第1戦と合わせた勝敗は1勝1敗となり、試合はゴールデンセットにもつれ込んだ。そこで古藤は我に返った。

「いやいや、ここで負けるわけにはいかんだろうと。もう頭でいろいろ考えずに、自分の本能で、シンプルに、勝つために何をするのかだけ。チームもそういうふうにまとまれたと思います」

 久光製薬はゴールデンセットを奪い、リーグ連覇を達成した。

 その日、6セットを戦い抜いた36歳は、「今日は本当にタフでしたね」と、疲労困憊の体を引きずりながらも、心地よさそうに笑っていた。

「あの時は、自分の役割を果たせたな、という思いでした。自分の役割は、チームを勝たせることだと思っていたので。やるからには、スタッフや選手が託してくださっている期待に応えたいという思いがあったし、家族も、自分が結果を残すことで誇りに思ってくれていたので、そこは根性を見せられたかなと思います」

自立した選手になるためのお手伝いを。

 今は、ずっと離れて暮らしていた夫と一緒に過ごしながら、指導者になるための勉強も始めている。

「トップチームでずっと勝ち続けさせてもらったセッターって、なかなかいないと思うんです。私は自分に技術があるとはまったく思わないんですが、自分しか経験していないことが多いと思うので、それを若い選手たちに伝えて、おこがましいですけど、自立した選手になるためのお手伝いができたらいいなと思っています」

 人を輝かせるために磨いてきた心と体を、今後は次世代の育成のために、またおおいに活かしてくれるに違いない。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
古藤千鶴
中田久美
久光製薬スプリングス

バレーボールの前後の記事

ページトップ