SCORE CARDBACK NUMBER

8種類の変化球を携え世界一へ。
帰ってきた“すごい”ダルビッシュ。
~感覚に結果が追いついてきた~

posted2019/07/29 07:30

 
8種類の変化球を携え世界一へ。帰ってきた“すごい”ダルビッシュ。~感覚に結果が追いついてきた~<Number Web> photograph by Getty Images

ナ・リーグ中地区首位(7月17日現在)のカブスだが、最下位までは5.5ゲーム差の大混戦。彼の活躍は不可欠だ。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 白星には届かなかったものの、カブス・ダルビッシュ有の表情は、いつも以上に晴れやかだった。後半戦の初戦となった7月12日のパイレーツ戦で、6回2安打無失点8奪三振の快投。6回まで両軍無得点だったため、勝敗こそ付かなかったが、結果的にカブスは競り勝ち、好スタートを切った。試合後、ジョー・マドン監督が「すばらしかった。勝利に値する」と評した通りの内容だった。

 前半戦は、苦しい登板が続いた。4月に2勝したとはいえ、制球が乱れ、安定感を欠いた。その間、トレーニングに工夫を加え、映像をチェックしながら課題克服に取り組んだ。その後、好不調の波があった一方で、確かな手応えもつかみ始めていた。5月15日のレッズ戦では、6回途中まで無四球11奪三振。本来の投球フォームを思い起こしていた。特に、軸となる速球の質がアップした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 529文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

シカゴ・カブス
ダルビッシュ有

MLBの前後のコラム

ページトップ