サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

国立大Jリーガーから海外転戦人生。
廣山望が世代別代表で伝えること。

posted2019/07/13 11:30

 
国立大Jリーガーから海外転戦人生。廣山望が世代別代表で伝えること。<Number Web> photograph by Takashi Shimizu

南米をはじめとした海外生活の経験が豊富な廣山望。そのキャリアで得たことを若き代表選手たちにも伝えていく。

text by

谷川良介

谷川良介Ryosuke Tanikawa

PROFILE

photograph by

Takashi Shimizu

「CMのことは未だによく言われますね。関係者の方に会うと、今でも『その節はどうも』って感じになりますし」

 かつて学習塾のCMに出演していた廣山望は照れくさそうに微笑んだ。2014年から指導者として籍を置くJFAアカデミー福島ではその学習塾の教材を導入しており、少しばかり縁を感じたという。

 現在、廣山はU-17とU-15日本代表のコーチとしても森山佳郎監督を支えている。

 6月頭にU-17の海外遠征でアルゼンチンにいたかと思えば、7月上旬と下旬にはU-15の国内合宿が2回。それが終わると再びU-17の国際ユースサッカーin新潟に参加。9月にはAFC U-16選手権2020予選、10月にはFIFA U-17W杯という大舞台が控えるなど、“兼任”コーチは忙しい。

23歳にして南米パラグアイへ移籍。

 廣山の現在の役職を聞いて少々驚いた人も多いだろう。なぜなら、彼のキャリアはちょっと異質だった。海外でのプレーなど、波乱万丈のサッカー人生を歩んだ彼はどんな指導者になっているのだろうか。

 1996年に習志野高校からジェフユナイテッド市原(現・千葉)に入団すると、地元出身選手として大きな期待を背負い5年間プレーした。入団と同時に千葉大に進学したことで当時は「国立大Jリーガー」と騒がれ、CM出演で認知度も上がった。フィリップ・トルシエに五輪代表やA代表に招集され、Aマッチ2試合出場の数字が残っている。

 彼の名を世に知らしめたのは、当時はまだ珍しかった海外移籍を23歳の若さで実現したことだった。

 それも、移籍した先は南米パラグアイだ。「世界中に広がるサッカーを国内だけでやっているのはもったいない。本質を自分の目で覗いてみたい」と移籍を決断した2001年は、海外の情報を得る方法も少なく、国内移籍さえままならないこともあった時代だった。

【次ページ】 ポルトガル、フランスにも渡って。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

廣山望

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ