テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭がウィンブルドンの芝を攻略。
順当なら準々決勝でフェデラー戦。

posted2019/07/08 11:45

 
錦織圭がウィンブルドンの芝を攻略。順当なら準々決勝でフェデラー戦。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

ウィンブルドンで3試合連続のストレート勝ち。錦織圭の順調な勝ち上がりぶりを見れば、今度こそ期待せずにはいられない。

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 1、2回戦に続く快勝だった。

 ウィンブルドン男子シングルス3回戦、第8シードの錦織圭は現在世界ランキング71位ながら、自己最高は21位の実力者スティーブ・ジョンソン(米国)を問題にせず、4回戦に進出した。

 反省すべき点はほとんどない試合だったが、その中でも特に強い印象を残したのは、圧倒的優位の状況でまったく集中力を落とさなかったことだ。

 第1セットは0-3の立ち上がりから5ゲーム連取で形勢を逆転させた。

 サーブとリターンが好調で、その後も危なげない試合運びだった。

 ジョンソンの武器であるファーストサーブをきっちり返し、セカンドサーブには攻撃的なリターンを見舞った。ストローク戦ではフォアハンド、バックハンドとも隙がなく、相手にミスを強いる場面が目立った。

勝利が近づいても気をゆるめず。

 2回戦では中盤から「ミスなくプレーできそうな感覚」があったというが、その好感触が続いているように見えた。

 武器を消され、一方的な攻撃にさらされたジョンソンにしてみれば、第2セット序盤くらいから打つ手がなくなり、リスクのあるショットに活路を求めるしかなくなった。

 錦織は、たとえ惰性でゲームを進めても負けることはなかったはずだ。それでも、少しも気をゆるめなかった。

 不本意なミスをおかすと「そうじゃないだろ」というように顔をゆがめ、瞬時に修正を図った。ふっと気がゆるみそうになる自分を叱咤していたのだろう。ストレート勝ちの結果より、その姿勢がなにより素晴らしかった。

【次ページ】 相手セカンドサーブで驚きの数字。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

錦織圭
ノバク・ジョコビッチ
ロジャー・フェデラー
ラファエル・ナダル

テニスの前後のコラム

ページトップ