テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭のウィンブルドンは上々だ。
公式HPが日本庭園にたとえた余裕。

posted2019/07/04 10:50

 
錦織圭のウィンブルドンは上々だ。公式HPが日本庭園にたとえた余裕。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

初戦を2時間10分でクリア。昨年ウィンブルドンで初のベスト8進出を果たした錦織圭だけに、今年も期待したくなる。

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 無難に、いや、ほぼ申し分のない内容で、錦織圭がウィンブルドンの初戦を突破した。唯一、気になったのは第2セット、5-4と2セット連取に王手をかけながら、次のサービスゲームを落としたことだ。サービング・フォー・ザ・セットを意識してやや硬くなったのか、プレーが受け身になった。

 決着はタイブレークにもつれたが、1-3から6ポイントを連取。セットを取った。

 錦織がこの場面を振り返る。

「タイブレークは、(流れを)変えないといけない、攻めないと、と思ってプレーしていた。体力的にも、大事なところを取り切れたのはよかった」

 今季は、全豪でも全仏でも、要所を締められずに長引かせ、体力の消耗を強いられる試合があった。それが四大大会での「8強止まり」の1つの要因となっているのは明らかだ。その点、所要時間2時間10分のストレート勝ちで乗り切ったこの試合には十分、及第点がつけられる。

やや強引に見える表現だけど。

 ウィンブルドンの大会公式サイトは、こう書いた。

〈日本の応援団も、陽光のもとで錦織の6-4、7-6、6-4の勝利を見れば、キューガーデンズの日本庭園を散策するように心がやわらげられただろう〉

 キューガーデンズとはロンドン市街地に隣接、ウィンブルドンからさほど遠くない所にある広大な庭園で、多くの市民が訪れる。

 こんな比喩を持ってくるところが英国人らしさであり、ウィンブルドンの一種の気取りだろう。やや強引なこじつけで、据わりが悪いような気もするが、まあ、そういう試合内容ではあった。

 初対戦のチアゴ・モンテイロは、ランキングこそ113位ながら、とにかくミスが少なく安定していた。3セットでアンフォーストエラーはわずか23本。機械のように正確なグラウンドストロークで粘り強くプレーした。それを確実に仕留めたのは、錦織の戦術の正しさだ。

【次ページ】 リスクを減らし、相手にミスを強いる。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

錦織圭
大坂なおみ

テニスの前後のコラム

ページトップ