JリーグPRESSBACK NUMBER

鹿島と広島、何が勝負を分けたのか。
永木「理想ばかり求めても仕方ない」 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/06/26 11:50

鹿島と広島、何が勝負を分けたのか。永木「理想ばかり求めても仕方ない」<Number Web> photograph by Getty Images

鹿島アントラーズの「勝負強さ」がまたしても際立った試合だった。選手は入れ替わっても、トーナメントの勝ち方は伝承されている。

「180分は長いですから」

 ACL決勝トーナメントのしびれるような試合は、リーグ戦とは違う。アウェイゴールというルールが試合を面白く、かつ難しく、同時に手堅くするのかもしれない。

「ノックアウトステージは1点の重みが違う。2試合180分で1試合という考え方ですけれど、180分は長いですから」と三竿が少し笑った。

 勝ち上がりを決めたといっても、試合後の鹿島の選手には笑顔は少なかった。同じような展開で3失点し敗れている。

 そして週末にはリーグ戦で再び広島との対戦が控えている。スンヒョン、名古と負傷交代した選手が気がかりだ。負傷を抱える伊藤翔もまだ本調子ではない。連戦の疲労がいつ襲ってくるかわからない。安堵感と同じくらいの危機感が彼らを包んでいるようだった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
鹿島アントラーズ
サンフレッチェ広島
三竿健斗
永木亮太

Jリーグの前後の記事

ページトップ