JリーグPRESSBACK NUMBER

“ドーハの悲劇”で1点に泣いたGK。
松永成立「ミスしたら叩かれるべき」

posted2019/06/19 17:30

 
“ドーハの悲劇”で1点に泣いたGK。松永成立「ミスしたら叩かれるべき」<Number Web> photograph by Ryuichi Iwasaki

かつで日本代表の守護神として活躍した松永成立。2007年から横浜F・マリノスのGKコーチを務めている。

text by

岩崎龍一

岩崎龍一Ryuichi Iwasaki

PROFILE

photograph by

Ryuichi Iwasaki

「僕は失点につながるようなミスをしたGKは、当たり前のように叩かれるべきだと思っていますよ――」

 返ってくる答えは、予想と違っていた。一度のミスが敗戦に直結し、批判に晒される可能性の高いポジション。だからこそ、根拠なく擁護の言葉を期待していたのかもしれない。

 ただ、丁寧に説明されるゴールキーピングの理論を聞き進めると、この人の頭の中ではいかに一つひとつのプレーが緻密に組み上げられているかが分かってくる。まさに「水も漏らさぬ」という姿勢で、ゴールを守ることの最善を突き詰めている。

 だからこそ、同じ失敗を繰り返さないためにミスから目を背けてはいけない。ミスは厳しく検証されなければいけないというのだ。

「もっとGKに関心を」

 松永成立、56歳。国際Aマッチで40キャップを誇る元日本代表の「背番号1」だ。現役時代のプレーを目にしたことのない人でも、1993年10月28日の、あの“ドーハの悲劇”の時に日本のゴールを守っていたGKといえば分かるだろう。

 現在、横浜F・マリノスのGKコーチを務める。指導者としての松永は、批判は必要としながらも、受け入れる前提としてこうも話した。

「もっとGKというポジションに関心を持って、知って欲しい。そして良いプレーに対してはきちんと評価をしてあげるべきだ」と。

 昨年のロシアW杯を境に、日本でもGKの重要性に注目が集まるようになった。GKの出来は、ストライカー以上に試合の成否を左右する。それが人々に認識されたことは良いことだった。

 しかし、GKのプレーに対して日本では、セービングなど表面の事象しか見ていない人が多い。関心すら示さない人に、どのようにこのポジションに目を向けさせるか。今後、日本のGKのレベルを上げるためにも、周囲に注目される環境作りは必要になってくる。

【次ページ】 GKは監督の考え方によって左右される。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松永成立
横浜F・マリノス
朴一圭
飯倉大樹

Jリーグの前後のコラム

ページトップ