プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武ドラ6森脇亮介は遅咲きの26歳。
新人っぽくないリリーフの心得。

posted2019/06/14 11:30

 
西武ドラ6森脇亮介は遅咲きの26歳。新人っぽくないリリーフの心得。<Number Web> photograph by Kyodo News

今季、森脇亮介は6月10日時点で13試合に登板し2勝2ホールドの成績を残している。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 ときにはリードしている場面で、そして、ときにはビハインドの場面で、中継ぎ投手としてマウンドに上がる。ドラフト6位ルーキーの森脇亮介は6月10日現在、13試合に登板し2勝2ホールドの成績を残している。

 日本大からセガサミーを経て26歳でライオンズに入団した。

「先発が多かったのは昨年くらいですね。その前は試合の途中からも投げていましたし、リリーフはプロに入って初めて経験するというわけではないです」

 当初はビハインドの場面でマウンドに送られることが多かったが、結果を残し、徐々にリードしている戦況でも登板する機会が増えた。

「失点するイコール、チームの負け」

「気持ちはあまり変わらないです。リリーフで行っている以上、どんな試合展開でも点は取られないことを一番に考えるのは基本。勝っているときも、負けているときも、自分が失点することイコール、チームの負けを意味すると考えています。だから気持ちの持ち方は、リード、ビハインドでは変わらないですね」

 おっとりとした口調で淡々と語る。

 試合の勝敗を左右する責任の重さについて問いかけると「あえて考えないようにしているかもしれないですね」と笑った。

 6月1日の千葉ロッテ戦では1点リードの7回に登板した。ヒットと死球で1、2塁とされ中村奨吾に同点タイムリーを浴びた。その後、延長戦に入りライオンズはサヨナラ負けを喫した。

「打たれて交代したら、リリーフ投手は次の日しか挽回するチャンスはありません。ベンチに入っている以上は、どういう風にチームの役に立つかってことを考え続けないと……」

【次ページ】 新人らしくない、達観した考え方。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森脇亮介
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ