プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武ドラ6森脇亮介は遅咲きの26歳。
新人っぽくないリリーフの心得。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/06/14 11:30

西武ドラ6森脇亮介は遅咲きの26歳。新人っぽくないリリーフの心得。<Number Web> photograph by Kyodo News

今季、森脇亮介は6月10日時点で13試合に登板し2勝2ホールドの成績を残している。

ブルペンでの投球数に変化が。

 ただし、プロになって変わったことがひとつある。ブルペンでの投球数だ。

「なるべく少ない球数で済むようにはしています。試合経過を見て、先発投手の球数を見て、6回で何球だとか、5回で何球だとみて、『そろそろ準備をしたほうがいいな』と」
以前までより球数が少なくて済むよう、より慎重に戦況を読むようになった。

 現在、登板している投手の球数はさほど多くなくても、前の打席でホームランを打たれている等、対戦を避けたいであろう打者が控えている場面では、「もしかしたらそこでの交代もあるな」

 このように、心の準備は欠かさない。

 即戦力との周囲の期待に十分応えているように見えるが、森脇自身はどう感じているのか。

「手応えですか? うーん、まだあまりないですね。もっとしっかり投げられれば……みたいな思いはあるんですけど。自信を持つのにはまだ早いかなと思います。逆に『これで大丈夫や』とはこの先も思わないでしょうね。満足してしまうのはダメだと思う」

社会人2年目に“やっていける”。

 足を引っ張り上げるような独特のフォームは社会人時代に習得した。テイクバックの際に体に腕が隠れて、見えにくくなるよう工夫もした。

「投手として、やっていけるかなぁと思えたのは本当に最近です。社会人2年目くらいですかね。それまでは、ずっとフォームや投げる球に試行錯誤していて、悪く言えば芯がなかった。まとまっていなかったです」

 もともとストレートにスピードはあった。武器となるフォークボールを習得したのは社会人1年目の秋と、遅咲きの投手である。裏を返せばまだまだ伸びしろのあるピッチャーともいえるだろう。

【次ページ】 「結果が出なければクビ」の心境で。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森脇亮介
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ