サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

鹿島内定の大学3年がコパの舞台へ。
上田綺世「通用しなくても、点を」 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byNaoki Morita/AFLO SPORT

posted2019/06/14 17:00

鹿島内定の大学3年がコパの舞台へ。上田綺世「通用しなくても、点を」<Number Web> photograph by Naoki Morita/AFLO SPORT

昨年のアジア大会で得点源として活躍を見せた上田綺世。大学生唯一のコパ・アメリカ参戦でどのようなプレーを見せてくれるか。

ボールが来れば、小学生でも点を獲れる。

 森保ジャパンの“新兵器”は、いきなりコパ・アメリカの大舞台でベールを脱ぐ。

「今まで経験したことのないレベルの大会ですし、試合に出られるかもわからない。得点力やヘディングといった、僕の武器が全く通用しない可能性もあります。じゃあ、それでお手上げなのか、そこで諦めるのかと言えば、そうじゃない。チャンスを得たときに、まずは自分が持っている力をすべて出すことが重要だと思っています。

 自分の武器が全く通用しなくても、それはそれで面白い。僕の理想が、どんな状況、環境でも点を取る選手である以上、ヘディングも、スピードも、フィジカルも通用しなくても、点を取りたい。本物の得点力と、運を持っている人ならば、たとえ体が弱くても点を取ると思うんです。

 極端な話、コパ・アメリカに小学生が出場したとしても、こぼれ球さえ転がってくれば、ゴールのチャンスはある。だからこそ、言い訳はできませんし、点を取る手段はいくらでもあるはずです。そこに全力でトライする。その意味でコパ・アメリカは、今の僕がどんな存在なのかを計れる大会だと思っています」

 想像してみよう。大学生で唯一、日本代表に選ばれる。舞台は、あのコパ・アメリカ。そこで本気のガリー・メデル(チリ)やディエゴ・ゴディン(ウルグアイ)が、シュートを食い止めようと襲い掛かってくる。

 圧力は半端じゃない。多くの人の場合、“ミスしたらどうしよう”“無難にプレーしよう”が、きっと頭をよぎる。

 上田綺世は、違う。どれだけボールを失ったとしても、一瞬にかける。そこに、ゴールの匂いは漂う。

関連記事

BACK 1 2 3
上田綺世
法政大学
鹿島アントラーズ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ