テニスPRESSBACK NUMBER

大坂なおみもセリーナも3回戦敗退。
歴代女王でも苦しむ全仏の環境とは。

posted2019/06/03 11:45

 
大坂なおみもセリーナも3回戦敗退。歴代女王でも苦しむ全仏の環境とは。<Number Web> photograph by Getty Images

全仏オープン3回戦でシニアコバに完敗した大坂。年間グランドスラムはならなかったが、ウィンブルドンで雪辱を期す。

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 スポーツの舞台で<魔物が棲む>場所はいくつもあるが、テニスにおけるクレーコート、ローランギャロスもその1つだ。世界1位の大坂なおみは、3回戦で世界ランク42位のカタリナ・シニアコバに4-6、2-6で完敗した。最近の負け試合の中でもこれほどひどい負け方は珍しい。3試合連続の逆転勝ちはならず、初の3回戦突破も叶わなかった。

 負けてあらためて大坂は、苦しかった胸の内を吐露した。

「他のグランドスラムとは違う感じだった。他はもう少しリラックスして楽しむことができたけど、ここではずっと何かに縛られているような感じ。眠っているときですら緊張しているっていうか。多分、それで疲れたのかもしれない。ストレスから頭痛も感じた。ただ、疲れていたことを強調すれば言い訳に聞こえるから、あまり言いたくない。だって彼女はとてもいいプレーをしていたと思う」

チャンスにもピンチにも弱かった大坂。

 第1セットの序盤、両者の格の違いは誰の目にも明らかで、右に左にアグレッシブなショットを繰り出す大坂に対し、シニアコバは拾うのが精一杯。大坂はウィナーやリターンエースでスタンドを湧かせ、第2ゲームで早くもブレークポイントを握った。ここはチャンスを逃したが、リードを広げるのに長い時間はかからないと思われた。

 ところが、第6ゲームでもダブル・ブレークポイントを生かせず、逆に第9ゲームでこの試合初めて握られたブレークポイントをしのぐことができなかった。

 この日の大坂はチャンスにもピンチにも弱かった。シニアコバのサービング・フォー・ザ・セットでは0-40から計4本のブレークポイントを握ったが、あと1ポイントを奪えず。逆にシニアコバは、守備一辺倒にも見える中でボールを深くコントロールし、ピンチでドロップショットなど勇気ある策を成功させ、ワンチャンスを生かした。

「チャンスがあると感じていた。彼女は1回戦も2回戦も苦しんでいたから、以前ほどの自信はないだろうと思った」というシニアコバは、この日の戦術について聞かれると、「深いボールで彼女をベースラインでプレーさせること、とにかくたくさん返して簡単にポイントを与えないこと。うまくいったと思うわ」と答えた。

 その作戦通り、目論み通りだったのだ。

【次ページ】 パワープレーヤーにとって敵となる赤土。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大坂なおみ
カタリナ・シニアコバ

テニスの前後のコラム

ページトップ