オリンピックPRESSBACK NUMBER

男子マラソン3強の1人、井上大仁。
ボストンの教訓は「コース研究」。

posted2019/06/01 17:00

 
男子マラソン3強の1人、井上大仁。ボストンの教訓は「コース研究」。<Number Web> photograph by EKIDEN News

4月のボストンマラソンで2時間11分53秒、12位でゴールした井上大仁。

text by

西本武司(EKIDEN News)

西本武司(EKIDEN News)Takeshi Nishimoto

PROFILE

photograph by

EKIDEN News

 東京オリンピックのマラソン男子日本代表選考レース、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)には31名が出場する(MGC出場権利をもつ34名のうち3名はドーハ世界陸上に出場するためにMGCは出走しない)。

 この顔ぶれの中で持ちタイムやこれまでの実績からも、頭ひとつ抜けた存在であるのが、大迫傑(NIKE)、設楽悠太(HONDA)、井上大仁(MHPS)の3人であることは間違いない。

 いち早くMGCの権利を得た3選手は、9月15日のMGCに向けて三者三様の調整をすすめている。

 極寒の東京マラソン2019では途中棄権に終わった大迫傑は、5月2日アメリカ・ペイトンジョーダン招待5000mにてトラックレースでシーズンイン。本調子ではない動きながらも13分40秒48とまずまずのタイムを出した。

 次に日本選手権10000mに推薦枠で出場を狙ったが叶わず。日本陸連の選考基準が話題となったが、同日開催の東海大記録会に突如登場した。3000mを7分59秒87、その30分後には5000mを14分00秒75の2本を立て続けに走り、たまたま東海大に居合わせた陸上ファンを驚かせた。

 大迫はトラックでスピードを磨きながら、徐々に距離を伸ばしていく戦略なのだろう。

設楽悠太は疲労を抜くことに専念。

 東京マラソン2018で日本記録更新を達成後に故障した設楽悠太は、昨シーズンは溜まった疲労をしっかり抜くための「開店休業」のような時間を送った。

 その設楽は今季、4月14日の金栗記念5000mでシーズンイン。「久々のトラックレース走り方がわからなすぎてスパート早すぎた笑」(原文のまま)と、ツイッターに書いたほどの久しぶりの実戦だったが、13分35秒70で5着に入った。

 そのわずか2週間後の4月28日には、ぎふ清流ハーフマラソンを走り、61分36秒で日本人最高の5位。さらにその1週間後にはゴールデンゲームズinのべおか10000mに登場して、27分53秒67で1位となった。

 そして、のべおかの表彰式の場で、MGCの2カ月前となる7月のゴールドコーストマラソンへの出走を発表。東京マラソン2018で日本記録を出した過程と同様に、実戦レースで負荷をかけていきながら調整していくスタイルでMGCを迎えるようだ。

【次ページ】 「国内無双」となりつつある井上。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井上大仁
川内優輝
瀬古利彦
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ