セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

最終節までもつれたセリエAのCL争い。
地方クラブの星、アタランタが初切符。

posted2019/05/30 17:30

 
最終節までもつれたセリエAのCL争い。地方クラブの星、アタランタが初切符。<Number Web> photograph by Getty Images

クラブ史上初のCL出場を決め、サポーターと喜び合う選手たち。育成力と2016年から指揮を執るガスペリーニの哲学が融合した。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

 育成王国として知られるアタランタが、ついに欧州最高峰の舞台への切符をつかんだ。

 26日に行われたセリエA最終節で、サッスオーロに3-1の逆転勝ちを納めたアタランタは、リーグ戦の最終順位をユベントス、ナポリに次ぐ3位で確定させ、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得た。

「100年を越す歴史を持つアタランタにとって、CL出場は初めてつかんだ大きな到達点だ。昨季はELに出られたが、今度はイタリアサッカー界の代表としてCLに出るんだ。本当に誇らしいことだよ」

 試合後の監督ジャン・ピエロ・ガスペリーニは喉を潰してかすれ声だった。破顔一笑だった。

最終節までもつれたCL出場権争い。

 人口12万人の小さな町のクラブがCLへ。

 創設112年目のプロビンチャーレ(=地方クラブ)の夢が結実した。

 最終節を控えた順位は3位アタランタ(勝点66)、4位インテル(同)、5位ミラン(勝点65)で、三つ巴の異様な緊張感がそれぞれの開催地に漂っていた。

 アタランタは本来地元ベルガモで最終戦を戦うはずだったが、約200km離れた町レッジョ・エミリアでの試合を余儀なくされた。本拠地「アトレーティ・アッズーリ・ディターリア」の解体工事が今月6日から始まったために、彼らはホーム開催のラスト2戦を行う試合会場を探さねばならなかったのだ。

 縁深いサッスオーロが“間借り”要請に応じ、本拠地「マペイ・スタジアム」での最終節は本来のホームチームがアウェー扱いになる奇妙な形で行われた。

 インテルやミランの結果如何に関わらず、アタランタは勝ちさえすれば無条件に出場が決まる。

 相手のサッスオーロは早々と残留を確定させており、そう難しい相手でもない。勝ちさえすればいい。

【次ページ】 FWサパタの泥臭い同点弾。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アタランタ
ジャン・ピエロ・ガスペリーニ
アレハンドロ・ゴメス
ヨシップ・イリチッチ
ドゥバン・サパタ
マリオ・パシャリッチ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ