メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

田澤純一の充実したマイナー生活。
「日本でやれないルールは……」 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/05/30 17:00

田澤純一の充実したマイナー生活。「日本でやれないルールは……」<Number Web> photograph by AFLO

田澤純一には「日本復帰」という選択肢はない。本人が望むかはともかく、日本球界にとっては大きな損失だ。

「どれだけ稼ぐかは関係ない」

「当該球団を退団後2年間」と明記してあるのなら、田澤はすでに当該球団レッドソックスを退団して2年(3年)以上経っているので、今の田澤にはもはや効力がないような気もするが、いつの間にか「田澤ルール」と呼ばれるようになったこの規定が、田澤から「日本」という選択肢を奪っているのは確かだった。

 そして、それは田澤が本当に「日本」を望み、保守的な考えを支持する人々のバッシング(批判)を覚悟で行動するまで目に見えない「効力」を発揮し続けるだろう。

 実は田澤自身、この春、その罰則規定について訊かれることがあった。

 それはアリゾナ・ダイヤモンドバックスに彼と同じように社会人野球出身の吉川峻平投手(現ハイA級バイサリア)が入団したからだ。

「世界中のいろんな人たちと一緒に野球できることって、自分にとっては凄いプラスだった。僕の場合だったら、(ジョッシュ・)ベケットとか(左腕ジョン・)レスターとか、(斎藤)隆さんや松坂さん、岡島さんもそうだし、上原さんやイチローさんとか、今年だったらダルビッシュとか。

 そんな凄い人たちと一緒に野球ができるなんて、お金を出してもできないこと。そういうことだけでも、僕はアメリカに来て良かったんじゃないかなと思う。それが成功なのか失敗なのか、他の人がどう判断するかは分からないけど。

 だから、吉川くんの選択が成功か失敗は別にして、いろんな人と一緒に野球ができるのは彼が選んだからできることなんです。他の人にとってはどれだけ稼ぐのかってことかも知れないけど、そういう部分は関係ないと思う。彼は絶対にいい経験をしているし、これからもいい野球人生を歩んでいって欲しいなと思うんです」

逆境だらけの春は過ぎた。

 現在32歳の田澤は、今年24歳の吉川に比べれば「野球人生、そんなに長くはない」と。

「今でもまだ、打たれたら悔しいし、少しでも良くなりたいという気持ちがある。それがなくなったら、アリゾナに残るなんてことはしてないし、やらなきゃいけないと自分が思えているのがいいのかなと思う。

 またクビかよって腐って終わるなら、もう野球をやっててもしょうがない。自分なりに考えて、まだ野球に対してちゃんと向き合えているから」

 田澤のマイナー合流後、カブスはさらに4人のマイナー投手をメジャーに昇格させた。

 その中に「Junichi Tazawa」はなかったが、昇格したほとんど全員のマイナー投手が数日のテスト期間を経て、マイナーに降格している。

 その間、田澤はさらに3試合に登板して計5試合3安打1失点(自責点0)。

 逆境だらけの春が過ぎ、ほんの少しだけ、いい風が吹いている。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
田澤純一

MLBの前後の記事

ページトップ