バレーボールPRESSBACK NUMBER

ブラジル隆盛を築いた名将の助言。
「日本バレーは歩みを止めた」 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byNoriko Yonemushi

posted2019/05/29 11:00

ブラジル隆盛を築いた名将の助言。「日本バレーは歩みを止めた」<Number Web> photograph by Noriko Yonemushi

1982年からブラジルの各年代の指導を行ってきたマルキーニョス氏。堺ブレイザーズを2シーズン、サポートした。

日本バレーに対する言葉。

 プロリーグではない日本のV.LEAGUEが同じシステムを取り入れるのは難しいだろうし、同じことをすればいいというわけでもない。

 ただ、世界ランキング1位(男子)のブラジルでさえ、常に、さらによくするために何かできることはないかと考え、新しいものを取り入れ、チャレンジし続けている。だからこそ15年以上1位を維持し続けられているのだろう。日本はその姿勢をこそ見習うべきではないか。

 マルキーニョス氏やレゼンデ前監督が日本バレーについて語る時、よくこのような言葉を口にした。

「日本はかつて世界のトップに立ちました。しかし栄光を勝ち取ったあと、歩みを止めてしまい、世界に差を広げられてしまった」

 日本は、この言葉を重く受け止めなければならない。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
堺ブレイザーズ
マルキーニョス
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ