甲子園の風BACK NUMBER

スカウトからは「根尾以上」の声が。
桐蔭学園・森敬斗にやきもきする。

posted2019/05/24 08:00

 
スカウトからは「根尾以上」の声が。桐蔭学園・森敬斗にやきもきする。<Number Web> photograph by Yu Takagi

スカウトの評価が軒並み高い桐蔭学園・森敬斗。センバツでは初戦で敗れるも、3安打を記録。

text by

高木遊

高木遊Yu Takagi

PROFILE

photograph by

Yu Takagi

 今年のドラフト候補の中で、プロ野球球団のスカウトたちを“やきもき”させる存在がいる。

「試合に行っても投げるのか、投げないのか分からない」とは、最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希のこと。指揮する国保陽平監督の将来を見据えた起用によるものだ。

 だが、「プロ志望届を出すのか、出さないのか」の動向が注目されるのが、桐蔭学園高校の遊撃手・森敬斗(けいと)だ。

 森は静岡県静岡市で生まれ育ち、島田ボーイズから隣県・神奈川の桐蔭学園に入学。甲子園優勝の経験もある同校は、巨人の高橋由伸前監督ら多くのプロ選手を輩出した名門校だ。そこで1年夏からスタメンを獲得、昨秋からは主将に就任した。関東大会初戦では逆転サヨナラ本塁打を放ち、今春のセンバツでは4打数3安打。4月上旬には、侍ジャパンU-18代表候補にも入り、国際大会対策研修合宿にも参加した。

「出せば」2巡目で消える。

 そんな森に対し、複数の担当スカウトも「志望届を出すのであれば獲得したい選手」「志望届を出せば2巡目までに消えるかもしれない」と口を揃える。もちろん、これは担当スカウトの声であり、現在の時点で指名が確約されているわけではない。

 それでも、あらゆる面で評価を得ているのは確かだ。

「あの脚力は素晴らしい。打撃もクセが無いし、肩も強い。体力がつけばプロでも早くに頭角を現すと思いますよ」(オリックス・由田慎太郎スカウト)

「高校生のショートでは僕が見た限りではナンバーワン。守備も柔らかいし打撃も思いきりが良い。この冬を越えてからすごく良くなっていてビックリしました」(DeNA・稲嶺茂夫スカウト)

「スピードがあって肩もある。荒削りな部分はありますが伸びしろを感じます」(パ・リーグ某球団スカウト)

 中には伸びしろを含めて昨年のドラフト1位指名入札で4球団が競合した「根尾昂(中日)以上」との声もあるほどだ。

【次ページ】 仲間のミスに喝、先輩にも臆さない。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森敬斗
桐蔭学園高校
佐々木朗希
根尾昂

高校野球の前後のコラム

ページトップ