メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

「抑えたら、何だっていいんですよ」
上原浩治はいつもそう言っていた。 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/05/23 11:30

「抑えたら、何だっていいんですよ」上原浩治はいつもそう言っていた。<Number Web> photograph by AFLO

2013年にはワールドシリーズ優勝投手になった上原浩治。その日も彼はきっと、ただ勝つためにマウンドに向かったのだろう。

敬意に満ちた田澤から上原への言葉。

 私は日本にいた頃の上原浩治を取材してないし、オリオールズやレンジャーズの頃もあまり知らない。知っているのはレッドソックスの中継ぎ投手からクローザーへと駆け上がり、その圧倒的なパフォーマンスでチームの脇役から主役の座を勝ち取ったメジャー屈指のリリーバー(救援投手)の姿だけだ。

 Koji Uehara=上原浩治は、どんな野球選手だったのか。

 上原の引退を伝え聞いた田澤は、こう言った。

「何かを学んだとかじゃなく、上原さんと一緒に過ごした時間が貴重だったし、それだけでも僕は、自分がアメリカを選んだ意味があったなぁと思えるんです」

 ワールドシリーズ優勝の盃を交わした、年の若い元チームメイトからの言葉が、日本が生んだ類まれなる名投手のすべてを、物語っている――。

関連記事

BACK 1 2 3 4
上原浩治
田澤純一

MLBの前後の記事

ページトップ