オリンピックPRESSBACK NUMBER

“日本最速市民ランナー”桃澤大祐。
メッキ担当の会社員が日本選手権へ。 

text by

別府響(文藝春秋)

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa

posted2019/05/18 11:00

“日本最速市民ランナー”桃澤大祐。メッキ担当の会社員が日本選手権へ。<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

5000mで13分55秒84、1万mで28分25秒56というベストタイムを持つ桃澤大祐。長野のサン工業で働きながら走る市民ランナーだ。

日本中の市民ランナーの憧れに。

「正直、学生時代にここまで走れるようになるなんて、全然、想像できませんでした。とにかくひとつずつ上を目指そう、ライバルに近づこう、そういう想いを少しずつ積み重ねたらここまでこられたなという感じです。

 社会人になって記録を出したことで、憧れていた実業団からも声をかけてもらいました。でも、いまはやっぱり地元でやりたいという想いが強いですね。自分のようなスタイルでもできるんだということを見せたいんです。こういうやり方を真似する必要はないけれど、自分みたいな存在が、進路に悩む選手の勇気や力になれればいいなとは思っています」

 大学を卒業して4年――自分流を貫くことで成長を続けてきた桃澤は、かつての自分では考えられないレベルの選手へと変貌を遂げた。その姿は、日本中の市民ランナーたちの憧れとなりつつある。

 日本選手権という舞台で、“日本最速の市民ランナー”は、どんな走りを見せてくれるだろうか。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

桃澤大祐

陸上の前後のコラム

ページトップ