メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

DVでの出場停止から復帰した同僚を
迎え入れたカブスとダルビッシュ。

posted2019/05/18 11:30

 
DVでの出場停止から復帰した同僚を迎え入れたカブスとダルビッシュ。<Number Web> photograph by AFLO

アディソン・ラッセルはメジャーに帰ってきた。自分にできることをする、それが彼の唯一の選択肢なのだ。

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph by

AFLO

 Second Chance=セカンド・チャンス。

 2度目のチャンス。出直し。改心。

 5月8日の水曜日、ダルビッシュ有投手がプレーするシカゴ・カブスに、アディソン・ラッセルという名の内野手が復帰した。

 それはマイナーリーグへの降格や怪我からの復帰ではない。Domestic Violence=家庭内暴力による出場停止処分からの復帰だった。

 ラッセルは1994年1月、メキシコ湾に面したフロリダ州ペンサコラ市で生まれた。

 高校時代、18歳以下の全米代表に選出されて環太平洋選手権で打率4割近くを打ち、同代表の金メダル獲得に貢献した。

 当時、同代表には現アストロズのアレックス・ブレグマン三塁手、現レンジャーズのジョーイ・ギャロ外野手、ロッキーズのデイビッド・ダール外野手、現カブスの同僚アルバート・アルモーラ外野手などの「未来のメジャーリーガー」も大勢いたが、ラッセルは環太平洋選手権の決勝、対カナダ戦で満塁本塁打を打つなどして、とくに目立った存在だったという。

中島宏之「ショートの子、見てください」

 迎えた2012年のドラフト。ラッセルはアルモーラ(全体6位)、ダール(全体10位)に次ぐ全体11位指名を受けてアスレチックスに高卒新人として入団した。今はアストロズの主軸となっているブレグマンは全体901位指名を蹴って、ルイジアナ州立大学に進学後、2015年の全体2位指名で同球団にプロ入りしている。

 ラッセルはプロ・デビューのルーキーリーグで打率4割以上、昇格したシングルA級でも打率3割以上を打って、新人選手の育成に定評のある同球団で「有望株」ランキングの上位に上り詰めた。

 2014年、ラッセルが傘下のAA級ミッドランドでプレーしていた頃、彼に会うチャンスが会った。それは当時のミッドランドに中島宏之内野手(現巨人)がいたからだ。

 取材のために彼らにとっての遠征地ノースウェス卜・アーカンソーに行くと、当時、本来の遊撃ではなく、主に二塁を守っていた中島がこう言ったのを記憶している。

「ここのショートの子、見てください。本当に凄いですから」

【次ページ】 カブス再建を託されて移籍。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ダルビッシュ有
シカゴ・カブス
アディソン・ラッセル

MLBの前後のコラム

ページトップ