メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

イチローと松井秀喜の野球指導観。
共通する、データ偏重への違和感。

posted2019/05/17 11:30

 
イチローと松井秀喜の野球指導観。共通する、データ偏重への違和感。<Number Web> photograph by AFLO

2003年のオールスターではチームメイトとして戦ったイチローと松井。同じグラウンドに再び立つ日は来るのだろうか。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

AFLO

 イチローと松井秀喜。

 平成の日米野球界を背負ってきた2人のスーパースターが、スポットライトが当たる華やかな舞台から身を引いた。現役を引退した2人が今、ともに米国で若手の指導に携わっているのは、果たして偶然だろうか。

 今年3月21日。日本での開幕2連戦後、現役引退を発表したイチロー氏は、マリナーズの会長付特別補佐の立場と同時に、メジャーとマイナーで指導するインストラクターに就任した。本拠地シアトルでの試合前だけでなく、メジャーが遠征中の期間には、シアトルから約60km離れた3Aタコマの練習にも足を運び、打撃、守備、走塁などすべての面で指導する役割を担うことになった。

「すごく楽しみですね」

 練習着姿でグラウンドに立つイチロー氏の姿は、引退前と何ら変わらない。ただ、時には打撃投手を務め、ケージの裏から選手の動きを見つめることはあっても、打席に入ることはない。今後、後輩達に何を教え、何を伝えていくのかは不明だが、イチロー氏自身にとっても、野球人としての新たなスタートであることは間違いない。

松井秀喜もアメリカで指導している。

 2012年を最後に引退した松井氏は、'14年に巨人の宮崎キャンプで臨時コーチを務めた後、'15年からヤンキースのGM特別アドバイザーに就任した。その後、3Aスクラントン、2Aトレントンなどのマイナーを巡回し、若手へアドバイスを送っている。

 これまでに、今やメジャーの主軸として成長したアーロン・ジャッジ、ゲーリー・サンチェスらの成長を間近に見届けてきた。今季、3Aに初昇格し、めざましい活躍を見せている加藤豪将には、昨季2Aで打撃指導を行った。

「去年くらいからメジャーに非常に近くなってきている感じがします。去年、ちょっと(指導)しましたけど、彼がどう昇華したのか。まだ24歳、体の力がついてくればまた違った面も出てくるでしょう」

 自ら携わった選手が、見違えるように成長していく過程に、松井氏は選手時代とは、また違う喜びを感じているのかもしれない。

【次ページ】 データ偏重に違和感を表明する共通点。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イチロー
松井秀喜

MLBの前後のコラム

ページトップ