Jをめぐる冒険BACK NUMBER

令和に語り継ぐ、J平成名勝負(7)
~2006年第30節:FC東京vs.川崎~

posted2019/05/11 10:30

 
令和に語り継ぐ、J平成名勝負(7)~2006年第30節:FC東京vs.川崎~<Number Web> photograph by J.LEAGUE

この対戦カードが正式に『多摩川クラシコ』と命名される前の一戦だったが、壮絶な撃ち合いは両サポーターにも印象深いだろう。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

「令和」の世の中で、Jリーグは相変わらず熱戦の連続である。ただ時代は変わっても「平成」の語り継ぎたい伝説も数多い。そんな記憶に残る名勝負を北條聡氏と飯尾篤史氏の2人に回顧してもらった。今回は2006年J1第30節、FC東京vs.川崎フロンターレだ。

 スタジアムには魔物が棲んでいる――。

 使い古された言い方だが、そう表現するしかないような試合だった。少なくとも、敵地に乗り込んだ川崎フロンターレのチーム関係者、サポーターはそう感じたことだろう。あの日、雨に濡れた味の素スタジアムには、たしかに魔物がいた、と。

 翌年から「多摩川クラシコ」と冠されることになるこのカード。当時、「川崎山脈」と呼ばれた長身3バックを束ねていた寺田周平はのちに、最も印象に残るFC東京戦として、このゲームを挙げている。

「味スタが異様な雰囲気に包まれて、FC東京の勢いを止められなくなった。あの試合は本当にショックでした」

 この年、FC東京はシーズン途中でガーロ監督を解任し、中位をさまよっていた。一方、J1復帰2年目の川崎はシーズン開幕から首位を快走。この頃には少し息切れをしていたものの、前節終了時点で3位と、まだ優勝を狙える位置にいた。

 2006年11月11日のJ1リーグ30節は、そんな状況でキックオフを迎えた。

4-1で勝負は決した、はずが。

 先制したのは、川崎だった。ボランチながらシーズン10点目となる谷口博之のゴールで前半7分に先手を取ると、7分後にルーカスにゴールを許して追いつかれたが、我那覇和樹、ジュニーニョのゴールで突き放す。後半開始早々にカウンターから抜け出したマギヌンのゴールで4-1としたときには、勝負が決したはずだった。

 この頃の川崎のスタイルは、現在とは真逆だった。3バックが身体を張って守り、中村憲剛の一撃必殺のスルーパスからジュニーニョがゴールを陥れる、堅守速攻のスタイル。相手が前がかりになればなるほど、鮮やかなカウンターを炸裂させたものだ。

 だから、後半6分に戸田光洋のゴールでFC東京が2点差に迫っても、川崎の勝利は手堅いように思われた。

【次ページ】 ジュニーニョの退場が分岐点に。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

FC東京
川崎フロンターレ
寺田周平

Jリーグの前後のコラム

ページトップ