野球のぼせもんBACK NUMBER

今宮健太に泣かされた大竹耕太郎。
防御率0点台、5戦目での初勝利に。

posted2019/05/09 08:00

 
今宮健太に泣かされた大竹耕太郎。防御率0点台、5戦目での初勝利に。<Number Web> photograph by Kyodo News

今季初勝利を挙げたソフトバンク大竹耕太郎。工藤公康監督の横で笑顔を見せた。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 5度目の正直で今季初勝利を手にした。防御率0点台の快投がついに報われた。

 5月2日の楽天戦、大竹耕太郎はヒーローインタビューで泣いた。

「今宮さんのせいですね(照笑)。あとは予想外の声援のデカさ。こんなにたくさんの人が僕のことを思ってくれていたのか、と」

 先にお立ち台に上がった決勝打の今宮健太から「大竹が本当によく頑張ってくれました。大竹様々ですね。すごくいいテンポで毎試合、毎試合投げてもらってたのに、勝ちをつけてあげられなかったのは僕らの責任でしたから」との言葉を向けられると、もう鼻の奥がツンと熱くなっていた。

「僕だけ0勝だったので」

 大竹は自分に嘘をつき続けていた。

 抑えても、抑えても白星に結びつかない。だけど報道陣に囲まれれば「今年、僕は長い回を投げるのを目標にしていますから」と取り繕った。それは多分ベンチ裏でも同じだっただろう。野球はチームスポーツだ。個人事業主のプロ野球選手とはいえ、独りよがりな言動は強いチームになるほど嫌われる。ホークスはまさにその雰囲気がある。

「周りに見せないようにしていましたけど、焦りは正直ありました。気にしていないと言ったけど、気にならないはずがありませんよ。周りの先発投手はみんな勝っていて僕だけ0勝だったので」

 4月3日 対オリックス  0-0 7回0/3無失点(勝ち負けつかず)

 4月10日 対日本ハム  2-3 7回2失点(勝ち負けつかず)

 4月17日 対ロッテ   0-1 8回1失点(黒星)

 4月25日 対オリックス 3-0 8回1/3無失点(勝ち負けつかず)

 試合が終わったロッカールームで、誰よりも大竹を気遣って声を掛けたのが今宮だった。「今日はゴメンな」。大竹だってチームメイトを恨む気などあるはずがない。だけど、ただただ苦しかった。

【次ページ】 援護が1点でも耐える大竹。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福岡ソフトバンクホークス
大竹耕太郎
千賀滉大
今宮健太

プロ野球の前後のコラム

ページトップ