マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2019年ドラフトの上位12人・後編。
野手では東邦・石川昂弥が最有力? 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/05/09 07:05

2019年ドラフトの上位12人・後編。野手では東邦・石川昂弥が最有力?<Number Web> photograph by Kyodo News

センバツで優勝した東邦の主将・石川昂弥もドラフト1位の有力候補だ。投手か野手か進路が注目される。

12人目は大学生捕手同士の争い。

 さあ、最後の1人になった。

 どちらにしようか、すごく困った。

 東洋大・佐藤都志也(181cm83kg・右投左打・聖光学院高)と東海大・海野隆司(172cm77kg・右投右打・関西高)。共に学生球界を代表するレギュラーマスクであろう。

 今年は高校球界にいわゆる「好捕手」が多く現れている珍しい年だと思うが、その中にも、この2人の先輩捕手たちを凌駕する者は見当たらない。

 先ほどの大阪商業大・岡田明丈と大西広樹ではないが、この2人もタイプが違う。

 打ってよし、守ってよし、さらに走ってよしが佐藤都志也なら、鉄砲肩では佐藤以上、プロでもトップクラス間違いなしなのが海野隆司。

 こうした“対比”でそんなに違っていないはずだ。

 つまりは「好み」、つまりは「チーム事情」ないしは「チームカラー」。どんなキャッチャーを求めているか……で人選が決まる。この2人に甲乙はつけられない。

 プロ野球シーズンが始まって、1カ月ちょい。5月あたまのこのタイミングで、今季最初の「ドラフト中間報告」。

 次回は、学生野球の全国大会が終わり、高校野球の甲子園予選もひと段落したあたりの7月の末あたり。その頃なら、社会人野球の正念場「都市対抗」の結果も出ているだろう。

 12人の顔ぶれ一変!

 そんなサプライズの可能性も十分秘めて、「2019ドラフト戦線」は何が起こるか、油断できない。

2019年ドラフトの上位12人・前編はこちら!)

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石川昂弥
河野竜生
宮川哲
立野和明
大西広樹
佐藤都志也
海野隆司

プロ野球の前後のコラム

ページトップ