SCORE CARDBACK NUMBER

渡邊雄太がNBAで掴んだ手応え。
『覚悟』が2年目の成長のカギに。
~そのレベルに手が届くと信じて~

posted2019/05/08 16:30

 
渡邊雄太がNBAで掴んだ手応え。『覚悟』が2年目の成長のカギに。~そのレベルに手が届くと信じて~<Number Web> photograph by KYODO

日本人2人目のNBA選手として15試合に出場した渡邊。今夏開催のW杯日本代表の中心選手としても期待される。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

KYODO

 渡邊雄太のNBA1年目が終わった。去年夏にメンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約を交わし、グリズリーズと傘下のGリーグチーム、ハッスルの間を行ったりきたりするシーズンだった。結局、グリズリーズで15試合、ハッスルでは33試合に出場した。

 1シーズン通してやってみて、得られたものは何かと聞くと、渡邊からは「自信」という答えが返ってきた。NBAでの出場はシーズン通算174分。勝敗が決まった後の出番も多く、決してNBAで通用すると断言できる内容ではなかった。本人も、「自分自身も、まだまだ遠いなと感じているときがあった」と認めている。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

渡邊雄太
メンフィス・グリズリーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ