欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

結局、Jとブンデスは何が違うのか。
伝統、野心、ジェンダーまで影響? 

text by

杉山孝

杉山孝Takashi Sugiyama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/05/03 17:00

結局、Jとブンデスは何が違うのか。伝統、野心、ジェンダーまで影響?<Number Web> photograph by AFLO

ブンデス2部の舞台でサポーターとともに“闘い”続ける酒井高徳。ハンブルガーSVは現在、昇格争いの渦中にいる。

土壌があるからこそ、地表で花が咲く。

 1部と質の差はあると酒井は言うが、伝統は息づく。

 どのチームも、GKは非常にハイレベルだ。サイズがあるのに俊敏で、なおかつ足元の技術も高い。キャッチからすかさず正確なパントやスローイングを繰り出し、カウンターの引き金を引く。

 そして、野心。

 前述のボーフムの試合で、決勝点を決めたのは韓国代表イ・チョンヨンだった。昨季までイングランドでプレミアリーグを戦っていた。成長、台頭、復権……。20年以上ドイツに住む元選手の日本人は、「1部に行けるかもしれないと夢見る選手は、年齢に関係なく、Jリーグ挑戦を選ぶかは分からないなあ」と話す。そんな養分たっぷりの土壌があるからこそ、1部リーグという地表に顔を出した花は美しく咲き誇る。

まだまだ遠いドイツの背中。

 今回のドイツ訪問では、フリーランスの記者である2人の友人に会いそびれた。1人は、愛するケルンの取材日と日程が重なった。妻の出産まで数カ月を休みにあて、仕事に復帰したばかりなのだという。

 長らくボーフムを見続けているもう1人とは、スタジアムで会えるはずだった。だが、「嫁さんが親友と出かけるから、子どもたちの面倒を見なきゃいけなくて。土曜ならスタジアムに連れていけたかもしれなかったけど……。6時半から夕食で、7時半には寝かせないといけないんだ!」

 働き方改革、女性の社会進出……。絶対に正しい道の先にいるかは分からないが、ドイツの背中がまだまだ遠いことだけは、間違いなさそうだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

酒井高徳
ハンブルガーSV
ケルン
ボーフム

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ