メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

3度のトリプルスリーにMLBも注目。
山田哲人の記録はどれほどレアか。

posted2019/04/12 11:00

 
3度のトリプルスリーにMLBも注目。山田哲人の記録はどれほどレアか。<Number Web> photograph by Kyodo News

山田哲人はトリプルスリーとともにOPS1超えも3度達成している。MLBでの成功可能性が高い日本人野手の筆頭だろう。

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 日本のプロ野球選手、とりわけメジャーリーグに来たら活躍しそうな有力選手のことは、とても気になる。

 その1人が、現在ヤクルトスワローズで活躍中の山田哲人内野手だ。

 すでに打率3割、30本塁打、30盗塁以上=「トリプルスリー」を通算3度も達成しており、アメリカの一部有力メディアでも「メジャー移籍が望まれる日本人選手」の1人として、取り上げられている。

 実は「トリプル・スリー」という言葉は、メジャーリーグでは聞かない。それに匹敵する言葉があるとすれば、それは「30-30=サーティー・サーティー」だろう。

 メジャーリーグで30本塁打、30盗塁を達成した選手は「30-30 club」などと呼ばれる。「トリプル・スリー」同様、特別な存在だ。

30-30を達成した選手たち。

 英語版Wikipediaによると、メジャーで最初に「30-30」を達成したのは1922年のケン・ウイリアムス(セントルイス・ブラウンズ=現ボルティモア・オリオールズ)という外野手だったそうだ。

 ウイリアムスの記録達成後は34年も「30-30」達成者が出ていなかったが、ウイリー・メイズ外野手(ジャイアンツ)が1956年から2年連続で達成。1963年には後に当時メジャー最多の通算755本塁打を記録したハンク・アーロン外野手(ブレーブス)が達成するなど、「機動力野球を駆使した」と言われるニグロリーグ出身者を中心に達成者が増えた。

 1969年に最初の「30-30」を達成したボビー・ボンズ外野手(ジャイアンツ)は、1973年からの6年間で4度、史上最多の計5度も同記録を達成した。それらはジャイアンツで2度、ヤンキース、エンゼルス、レンジャーズでそれぞれ1度ずつ記録され、4球団での達成も史上最多だ。

 ボビーの息子で日米野球でも来日し、前出のアーロンを上回る通算762本塁打で新記録保持者バリー・ボンズは、1996年に40本塁打、40盗塁の「40-40=フォーティー・フォーティー」を含めると、パイレーツとジャイアンツで通算5度も「30-30」を達成している。

【次ページ】 大谷が抱きついたあの選手も実は達成者。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山田哲人
イチロー

MLBの前後のコラム

ページトップ