Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<独占ロングインタビュー>
イチロー「長き戦いを終えて」

posted2019/04/11 11:45

 
<独占ロングインタビュー>イチロー「長き戦いを終えて」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

イチロー選手が28年間の現役生活で向き合い、戦ってきたものとは何か? 本人が語った「2つの負け」、WBCで体験した「恐怖」、自分にとって一番の才能、さらには、引退後に見て思わず泣いてしまった動画や、弓子夫人との秘話、試合前に食べてきたおにぎりの具……。現役引退から数日後、シアトルでトレーニングを続ける彼を訪ねて得た、その貴重な肉声。Number976号『イチロー戦記』収録の独占インタビューを特別に全文掲載致します!

――現役を引退してから、どのような時間が流れているんでしょうか。

「時間に追われることのない、そんな時間が流れています。それと、シアトルに戻って2日目だったかな。寝違えちゃったんです。朝、起きたら首が痛くて。もし引退していなかったら、毎日が憂鬱で仕方がなかったと思います。もちろん痛みがあるから気にはなりますが、それでも、今までのように考えなくてもいいんだと思ったとき、改めて引退したことを実感しましたね」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

イチロー
シアトル・マリナーズ
オリックス・ブルーウェーブ

MLBの前後のコラム

ページトップ