欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ムバッペにちぎられた昌子源の気骨。
「プライドは、ほぼゼロにしないと」

posted2019/04/09 08:00

 
ムバッペにちぎられた昌子源の気骨。「プライドは、ほぼゼロにしないと」<Number Web> photograph by Getty Images

ムバッペのスピードに直面した昌子源。その経験ができるからこそ、フランスへと渡った価値がある。

text by

田中滋

田中滋Shigeru Tanaka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 キリアン・ムバッペの速さは誰もが知るところだろうが、その足音を間近で聞いた人は少ない。

「なんか走ってくる音とかもすごいのよ。うわっ来てる! みたいなのがわかる」

 近年、世界に衝撃を与え続けるフランスの快足FWと初対戦したトゥールーズの昌子源は、ちんちんにされた。

 3月31日、ホームでのパリ・サンジェルマン(PSG)戦。最初のマッチアップは17分だった。昌子のフィードからPSG陣内に攻め込んだトゥールーズだったが、パスを奪われカウンターを受けてしまう。

 センターライン付近でパスを受けたムバッペの前にいるのは昌子のみ。左サイド寄りの広いスペースがあるなかでの1対1が始まった。

「いま、シザースした?」「あ!」

「絶対に中に行かしたらダメと思ってました」

 距離を取りつつカットインして右足のシュートだけはさせないように注意深く下がっていく。

「どっかでは行ったろ」

 相手の隙をうかがいつつ下がるが、そのタイミングをつかめずにズルズルと下がってしまう。するとムバッペがスッとシザーズを入れた。

「いま、シザーズした?」

 そう思って重心が左に寄った瞬間、縦に仕掛けられた。

「あ!」

 思ったのも束の間、重心を崩されると手をつかなければピッチに突っ伏していた。幸い、シュートコースを限定したことでムバッペのシュートはニアサイドを突き、GKのバティスト・レネが弾いたボールもマクシム・シュポ・モティンがふかしてくれたおかげで失点は免れたが、ムバッペとの最初の勝負は完敗だった。

 ただ、その後もずっとやられ続けたわけではない。手をつかされるという、DFにとって屈辱的な場面をつくられたが、そこに気持ちを奪われてしまってはもったいない。距離を空けてダメなら詰める。昌子は思いつく限りの対応で応戦した。

「次はいつムバッペとやれるかわからない。今回は出場したけれど、チャンピオンズリーグとの関係でパリがメンバーを落としてムバッペが出場しないかもしれないし、僕もメンバーに選ばれないかもしれない。この時間を無駄にしちゃいけないと思った」

【次ページ】 ムバッペは1枚も2枚も上手だった。

1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

昌子源
キリアン・ムバッペ
トゥールーズ
パリ・サンジェルマン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ