沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

2歳女王に唯一、土をつけている!
桜花賞はグランアレグリアに期待。

posted2019/04/06 08:30

 
2歳女王に唯一、土をつけている!桜花賞はグランアレグリアに期待。<Number Web> photograph by Eiichi Yamane/AFLO

前走の朝日杯フューチュリティステークスでは惜しくも3着で終ったグランアレグリア。休養も十分、万全の状態で桜花賞へ挑む。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Eiichi Yamane/AFLO

「伝説の新馬戦」と呼ばれるレースがある。

 古くは1976年1月31日、東京芝1400mで行われた18頭立ての旧4歳新馬戦。

 1番人気に支持された「天馬」トウショウボーイが、2着に3馬身差をつけて逃げ切った。そのレースで4着となったのは、のちに「TTG三強」の一角としてライバルとなるグリーングラスだった。そして、5着となった牝馬シービークインは、4年後、トウショウボーイとの間に    '83年の三冠馬ミスターシービーを産む。

 のちに出世した馬の数で、それをさらに上回っていたのは、2008年10月26日、京都芝外回り1800mで行われた11頭立ての2歳新馬戦だ。

 好位から抜け出して勝ったアンライバルドは翌'09年の皐月賞を制覇。2着のリーチザクラウンは'09年のきさらぎ賞を優勝、さらにダービーで2着となるなどクラシックを賑わせた。3着のブエナビスタは'08年の阪神ジュベナイルフィリーズ、'09年の桜花賞、オークスなどGIを6勝。4着のスリーロールスは'09年の菊花賞を制した。実に3頭がGIホースになったのである。

 '76年の東京新馬戦も、'08年の京都新馬戦も、終わってすぐ「伝説」になったわけではない。出走馬たちがその後活躍したがゆえに、「伝説」として光を当てられるようになったのだ。

「伝説」になった'18年東京新馬戦。

  今年の第79回桜花賞(4月7日、阪神芝外回り1600m、3歳牝馬GI)にも、自分たちのデビュー戦を「伝説の新馬戦」にした馬たちが出てくる。

 昨年の2歳女王ダノンファンタジー(父ディープインパクト、栗東・中内田充正厩舎)と、牡馬相手の朝日杯フューチュリティステークスで3着となったグランアレグリア(父ディープインパクト、美浦・藤沢和雄厩舎)である。

  2頭がデビューしたのは、世代にとっての開幕週だった昨年6月3日、東京芝1600mで行われた2歳新馬戦だった。出走馬は15頭。

【次ページ】 ダノンファンタジーに2馬身差をつけて勝利。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

グランアレグリア
ダノンファンタジー

競馬の前後のコラム

ページトップ