甲子園の風BACK NUMBER

東邦、習志野、そして大阪桐蔭。
センバツ決勝での応援と友情の輪。

posted2019/04/05 11:55

 
東邦、習志野、そして大阪桐蔭。センバツ決勝での応援と友情の輪。<Number Web> photograph by OSAKA TOIN SYMPHONIC BAND

東邦の友情応援を快諾した大阪桐蔭。今年の夏はアルプス直接対決の実現も?

text by

梅津有希子

梅津有希子Yukiko Umetsu

PROFILE

photograph by

OSAKA TOIN SYMPHONIC BAND

 東邦(愛知)vs.習志野(千葉)という、吹奏楽の応援対決的にもゴールデンカードとなったセンバツ決勝戦。

 東邦の応援を担当するマーチングバンドの海外遠征が重なったことから、帰国する準々決勝まで大阪桐蔭吹奏楽部が友情応援を担当。当初は準決勝から東邦にバトンタッチする予定だったが、アルプススタンドで応援する野球部員や教員らと大阪桐蔭がすっかり意気投合したこともあり、合同で応援することが決定した。

「We are 東邦!」もマスター。

 両校は3月半ばに1度合同練習をし、東邦の独特の振り付けをレクチャーしてもらった。足を高く上げたり回転したりと、かなりハードな振り付けは難易度が高く、大阪桐蔭の生徒たちは、撮影した動画を何度も見返して猛練習。大阪桐蔭の白いウィンドブレーカーに、「TOHO」ロゴの帽子をかぶり、1回戦の富岡西(徳島)戦に臨んだ。

「We are 東邦!」という掛け声から始まる名物応援、通称“戦闘開始”こと『SHOW TIME』(湘南乃風)を、東邦の生徒になりきって大きな声でコール。最初こそ動きも音も硬かったが、試合を重ねるたびに野球部とチアともぴったりと息が合っていった。

 普段、東邦は生徒が応援の指揮をするが、大阪桐蔭は総監督の梅田隆司氏がタクトを振る。スタンドでも梅田氏と野球部が連携し、応援団長の山田斐祐将(ひゅうま)君の指示で曲を切り替えていく。

 試合の後半は、野球部からのリクエストで、大阪桐蔭の応援曲を演奏することになった。昨年、藤原恭大(千葉ロッテマリーンズ)が使用していた同校のオリジナル曲『You Are スラッガー』や、根尾昂(中日ドラゴンズ)の応援曲『かっせー! パワプロ』が流れると、スタンドの野球部員たちも「テンション上がりまくりです!」と大喜び。DA PUMPの『U.S.A』では、「カ~モンベイビ~東邦!」とキレのあるダンスで応援していた。

【次ページ】 校歌も歌い上げた大阪桐蔭吹奏楽部。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東邦高校
習志野高校
大阪桐蔭高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ