マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

センバツより上手い二塁手がいた。
九州にプロスカウトが集まる理由。

posted2019/04/07 11:30

 
センバツより上手い二塁手がいた。九州にプロスカウトが集まる理由。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

高校野球はプロに比べればエラーが多い。それだけに、フィールディングがうまい内野手はとりわけ目を引くのだ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 3月30日の熊本・藤崎台球場に11球団のスカウトが足を運んだのは、プロ注目のドラフト候補がいっぺんに顔を揃えるからだった。

 有明・浅田将汰投手の他にも、熊本工の好左腕・林彪太郎(3年・176cm75kg・左投左打)、九州学院の140キロ右腕・蒔田稔(3年・180cm81kg・右投右打)、快足・強打の川野涼多遊撃手(3年・178cm73kg・右投両打)に強肩強打の友田佑卓捕手(174cm75kg・右投左打)、城北・西田暁登右翼手(179cm75kg・右投左打)……。

 この日1日でスカウトの仕事が済みそうなほどの豪華さだったのだ。

 九州学院・川野遊撃手が、ベースを離れた二塁ランナーの背後にピッタリと立つ。本当に体を密着させているようにも見える、いいプレッシャーだ。

 これをされるとランナーは動けず、リードに入るタイミングが遅れる。送りバントの二塁ランナーを三塁で刺そうという場面でこのけん制をされると、二塁ランナーはスタートが苦しい。

 去年の夏予選、四国のあるショートが“これ”をやったのを、ある場所で書いたことがある。九州学院・川野遊撃手、もしかして読んでくれたのか……。欲をいえば、ポジションに戻るタイミングが一瞬早い。彼ぐらい動きにスピードのある選手なら、投手がモーションを起こすまで、あともう一瞬“じゃま”してみせてほしい。

2年生の時から非凡な存在だった。

 川野遊撃手を初めて見たのは、ちょうど1年前のこの県大会だ。

 次に自分たちが戦う試合をする相手が、目の前で試合をしていた。九州学院の面々はスタンドから対戦相手を見ていたのだが、7回が終わって試合の準備にほかの選手たちが立ち上っても、ただ1人じっと動かず試合終了まで観察を続けていたのが、当時2年生になったばかりの川野遊撃手だった。

 その試合の彼は、左打席からライトポール際や右中間にライナー性のきれいな弾道で伸びる打球を飛ばしていた。

【次ページ】 凝縮された野球センスのかたまり。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

浅田将汰
林彪太郎
蒔田稔
川野涼多
友田佑卓
西田暁登
藤本駿一

高校野球の前後のコラム

ページトップ