SCORE CARDBACK NUMBER

“和製アンリ”伊藤翔は
なぜ鹿島で覚醒したのか。
~「みんなが僕を見てくれる」~

posted2019/04/04 15:00

 
“和製アンリ”伊藤翔はなぜ鹿島で覚醒したのか。~「みんなが僕を見てくれる」~<Number Web> photograph by Getty Images

Jリーグ第4節終了時点で得点ランク3位につける伊藤。負傷中のFW鈴木優磨とのコンビ構築にも期待がかかる。

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

Getty Images

 なぜ、日本代表に選出されなかったのか。つい、そんな愚痴をこぼしたくなるような点取り屋がいる。

 鹿島アントラーズの伊藤翔だ。

 今季、横浜F・マリノスからアジア王者へ完全移籍し、目の覚めるようなゴールラッシュを演じている。何しろ、出場した6試合で7得点を量産中なのだ。もっとも、量(数字)以上に際立つのが質(中身)である。

 なかでも内田篤人のロングパスから一気に抜け出た第2節・川崎フロンターレ戦の同点ゴールは見事の一語。先手を取って落下地点に達する動き出しの巧みさ、打ちどころへ球を落とすトラップの妙、きっちり逆サイドへ流し込むシュートコースの確かさは、誰にでもマネできる芸当ではなかった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

伊藤翔
鹿島アントラーズ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ