Jをめぐる冒険BACK NUMBER

サンフレッチェ城福浩監督の信念。
選手を愛し、辛くても「冷徹に」。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byAtsushi Iio

posted2019/04/05 11:00

サンフレッチェ城福浩監督の信念。選手を愛し、辛くても「冷徹に」。<Number Web> photograph by Atsushi Iio

インタビューに応じた城福浩監督。2018年のサンフレッチェとチームマネジメントについて熱く語ってくれた。

サンフレッチェには財産がある。

――先ほども「アオも、ゴロウも、卓人もプレーでチームに貢献したいと強く思いながら、チームの一員として自分のやれることを黙々とこなしてくれている」とおっしゃっていましたね。

「そういうのを見ると、やっぱりグッとくるものがあるし、例えば、ミズ(水本裕貴)は今季、試合に起用してあげられない状況もあるけれど、メンバーから外れても、ルーティンを一切欠かさない。あたかも毎試合メンバーに選ばれているかのごとく、早めに練習場に来て準備して、全体練習後は補強やステップワークのトレーニングをして、試合2日前はこれをやって、前日はこうして、っていうのが一切変わらない。

 そういう姿を見ると、ミズは真のプロフェッショナルだなって思う。だから、ミズの力が必要になったとき、なんの心配もなくピッチに送り出せるし、今試合に出ている若手には、これほどの選手を差し置いて自分たちが試合に出ているんだという責任と自覚を持ってほしい」

――そういうベテランがいるのは、クラブにとって財産ですね。

「これまでの経験で言うと、若手が育つ土壌というのは、ユースが強いとか、ユースからトップに何人昇格したとかではなくて、背中で語れるベテランが何人いるか。試合に出られなくて陰で文句を言う先輩がいたら、若手も悪影響を受けてしまうから。そういう意味では、このクラブにはプロフェッショナルな中堅、ベテランが多い。それは本当にサンフレッチェの財産だと思います」

後編 『城福監督が注目するクロップの言動。「モウリーニョとまた違うんだよね」』 に続く。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

城福浩
サンフレッチェ広島

Jリーグの前後のコラム

ページトップ