相撲春秋BACK NUMBER

“新元号”初の関取、遅咲きの彩。
愛弟子の昇進に元寺尾の声も弾む。

posted2019/03/30 09:00

 
“新元号”初の関取、遅咲きの彩。愛弟子の昇進に元寺尾の声も弾む。<Number Web> photograph by Kyodo News

新十両昇進が決まり、錣山親方(右)と握手を交わす彩。「諦めないで良かった」とコメント。

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 22歳の新鋭、貴景勝の大関昇進に沸き返る日。ひとりの力士の新十両昇進が発表された。苦節12年、元関脇寺尾の錣山親方が育てた「彩(いろどり)」、27歳だ。

 小学生時代から地元の相撲道場でまわしを締めてきた。彩が5年生の時に入ってきたやんちゃな3年生が、現在同部屋で活躍する弟弟子の阿炎となった。

 中学卒業後に入門した“叩き上げ”の彩。そのあとを追うように、高校卒業後に入門した阿炎は、恵まれた体躯と才能で、約2年で十両に昇進する。兄弟子である彩は、可愛い後輩の出世を喜びつつも、「先を越されて本当に悔しかった」と振り返る。

錣山親方が大喜びする理由。

 そして東幕下筆頭で迎えた、この春場所。彩は悲願の新十両昇進を果たした。師匠の錣山親方が、端正な顔をほころばせて語る。

「うちの部屋としては4人目の関取です。1番時間が掛かって、1番苦労して上がってきた。もちろんそれまでの3人も嬉しかったですが、この彩の昇進が1番嬉しいんです。勝ち越しを決めた一番は、自分が見ると負けるから、見ていなかったんですね。体育館の裏の駐車場にいたんですが、彩の相撲が終わったら急にメールが届いて(勝ったのがわかり)思わず雄叫びを上げちゃいましたよ」

 支度部屋のテレビで勝ち越しの一番を見届けた阿炎も、涙ぐんでいたという。

 かつて、阿炎に「あなたにとっての恩人は?」との質問をしたことがある。いつもは“おふざけキャラ”の阿炎が、珍しく神妙な面持ちで言っていたのを思い出す。

「……彩さんですね。僕が幕下に番付を下げてクサっていた時に、喝を入れてくれたんです」

 その当時の阿炎は十両を4場所勤め、幕下に陥落。彩曰く、「まったく稽古もせず、部屋の仕事もせずにヤサグレていた」時期があったそうだ。

「おい、あまり調子に乗ってるんじゃないぞ。お前みたいに才能に恵まれてパパーッと上がれたヤツが、こんなんでクサっちゃうなんて、もったいなさ過ぎるぞ!」

 幼少時から兄のように慕い、なかなか目の出ない苦労人の彩の言葉が、弟弟子を目覚めさせた。

【次ページ】 弟は兄に、兄は弟に感謝する。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

錣山親方
阿炎

相撲の前後のコラム

ページトップ