SCORE CARDBACK NUMBER

“就職場所”の新弟子は40名。
相撲界にドリームはあるか。
~かつては150名、課題はお金~

posted2019/04/01 07:00

 
“就職場所”の新弟子は40名。相撲界にドリームはあるか。~かつては150名、課題はお金~<Number Web> photograph by KYODO

183cm、211kgの當眞嗣斗。沖縄出身、名門の鳥取城北高に進んだ逸材は憧れの白鵬と同じ宮城野部屋へ。

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

KYODO

 卒業の時期である3月の大阪場所は、「就職場所」ともいわれている。年6場所のうちでも最多の新弟子が入門し、平成時代最後となる今年の新弟子検査合格者は40名。ちなみに、その内訳は中卒19名、高校中退者2名、高卒15名、専門学校中退者1名、専門学校卒1名、大学中退者1名、大卒1名となっている。

 なかでも注目を浴びたのが、名門・埼玉栄高校出身で、高校横綱だった北の若(齋藤大輔=八角部屋)、元中学横綱の吉井虹(こう=中川部屋)、かつて「わんぱく相撲全国大会」で3連覇を果たした元わんぱく横綱の當眞嗣斗(宮城野部屋)。當眞は200kgを超える巨漢としても話題となった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

北の若
吉井虹
當眞嗣斗

相撲の前後のコラム

ページトップ