相撲春秋BACK NUMBER

“新元号”初の関取、遅咲きの彩。
愛弟子の昇進に元寺尾の声も弾む。 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/03/30 09:00

“新元号”初の関取、遅咲きの彩。愛弟子の昇進に元寺尾の声も弾む。<Number Web> photograph by Kyodo News

新十両昇進が決まり、錣山親方(右)と握手を交わす彩。「諦めないで良かった」とコメント。

師匠冥利に尽きる昇進。

 傍らの師匠の言葉を受け、彩は「そのつもりでいきます」と顔を引き締めた。愛弟子の、コツコツと稽古し、諦めない真摯な姿を見守り続け、この晴れの日を迎えた師匠。嬉しさが逸ったのだろうか、30分以上も前に会見場に現れ、開始予定時間より15分も前倒しで記者会見が始まったほどだ。

「彩は新元号初の関取になるんですよね。うちにはまだ若い衆がたくさんいるんで『苦労して関取になった彩みたいな例があるんだ』って、これからも教えていきたいですっ」

 ――おいおい、どっちが新十両力士やねん? とツッコミを入れたいほどに目を輝かせ、声を弾ませる師匠。まさに「師匠冥利に尽きる昇進」でもあったのだろう。喜びを隠しきれない師匠のその一言一句を、緊張気味の愛弟子は、しみじみと噛みしめる。

 浪速の地で遅咲きの桜が一輪、色濃く花開いた。

関連コラム

BACK 1 2 3
錣山親方
阿炎

相撲の前後のコラム

ページトップ