ニッポン野球音頭BACK NUMBER

富岡西、ノーサイン野球で強豪に挑む。
甲子園で見せた「部活動」の魅力とは。 

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/03/27 11:30

富岡西、ノーサイン野球で強豪に挑む。甲子園で見せた「部活動」の魅力とは。<Number Web> photograph by Kyodo News

6回表、富岡西の5番安藤が右前打を放つと、一塁走者・吉田が一気に三塁まで進塁! 甲子園での初得点は、選手たちの自主性が生んだものだった。

安藤、挽回のチャンス。

 挽回のチャンスは6回だ。1アウト一塁で、再び安藤に打席が回ってきた。

 もちろんベンチは見ない。安藤の視界はマウンド上の石川と、一塁走者・吉田啓剛の両方を捉えていた。

 3球目、吉田がスタートを切る。と同時に、安藤のバットが始動する。

 鋭い金属音を残した打球は一二塁間を抜け、好機は1アウト一、三塁に大きく広がった。

 その後、2アウトとなって、7番の木村頼知が打席に。5球目の外角ストレートに食らいつくと、打球は一塁線上で跳ね、富岡西応援団の臙脂色に染まったアルプススタンドの前を転がっていった。

 同点の適時二塁打を放った木村は言う。

「前の打席でも外を攻められていたので、外の球を右に流そうという意識がありました。ノーサインの野球をしてきて、打席の中で相手のスキを突いていく部分は成長していると思います」

「野球が楽しくて仕方ないんじゃないですか」

 大金星もあるかに思われたが、7回に東邦が奪った2点が勝敗を決した。いずれも浮橋のワイルドピッチで塁を進めたランナーが生還した。浴びた2本のタイムリーは、ともに初球を狙われた。

 試合を終えてインタビュー会場に現れた小川は、悔しさと充実感が混じったような口調で言った。

「やっぱり、あそこの2失点ですね。ちょっと入りが不用意だったかな。完全にこっちのペースになってたんですけど」

 サインを出さずして惜敗した監督は「もどかしさはなかったか」と問われ、こんなふうに答えていた。

「ここでこういうことやるのか、すごい発想やなって感じるほうが大きいと思いますよ。そんなん、いままでの試合でも随所に見てきました。社会に出た時、ものすごい生きるんじゃないかと思います。選手たちは自由な発想で考えてやっているので、野球が楽しくて仕方ないんじゃないですか」

 冒頭の一文に、ひとつ言葉を加えて締めとしたい。

 高校野球の、スポーツの、そして部活動の、魅力が詰まった試合だった。

関連記事

BACK 1 2 3
富岡西高校
東邦高校

高校野球の前後の記事

ページトップ