ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

「若い選手たちに還元したいね!」
ハマの助っ人“チャモさん”のお話。

posted2019/03/27 10:30

 
「若い選手たちに還元したいね!」ハマの助っ人“チャモさん”のお話。<Number Web> photograph by Kyodo News

昨年9月にNPB通算150本塁打を達成したロペス。今年もチームの精神的支柱として、その果たす役割は大きい。

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

新戦力についつい目が行きがちな開幕直前のプロ野球界。でも、もしかすると……ブレイクの可能性を秘める無名選手が、息を吹き返すベテランが現れるかもしれない。そんな期待を込めて、各球団のダークホース的な選手たちを集めてみました! 今回は移籍5年目を迎える横浜DeNAベイスターズのホセ・ロペス選手です。

 果たしてキーマンは誰なのか?

 横浜DeNAベイスターズにあって、この問いは非常に難しい問題だ。

 はっきり言ってDeNAは選手層が厚いわけではない。ご存知のように昨年はシーズンを通しケガ人が続出し、先発ローテーションも不確定ならば、スターティングメンバーも猫の目のように変わった。結果、3年ぶりのBクラスという成績で終わっている。

 筒香嘉智や宮崎敏郎らに代わる選手はおらず、もちろん以前に比べれば選手層は厚みを増しているものの、主力の誰かが欠ければ、チーム力は一気に低下する。戦力補強がルーキー以外ほとんどなかったことを考えれば、今シーズンもその可能性がないとはいえない。

 そのなかで、あえてキーマンを挙げるとすれば、筆者はホセ・ロペスを推したい。

ロペスはイチローの元同僚。

 チーム最年長となる35歳。2年間所属した巨人からDeNAに来て、もう5年目になる。

 キャリアを紐解けば、2004年のシアトル・マリナーズ時代はイチローがシーズン最多258安打を達成した試合に出場しており、さらに'06年はMLBオールスターゲームにも選出された経験豊富な選手である。

 DeNAのチームメイトからは「チャモさん」と呼ばれ、誰からも愛される存在だ。

 昨シーズン、ロペスは怪我により2度の離脱を余儀なくされた。チームが苦しい状況に陥ったのはもちろんのこと、ロペス不在中、現場で見ていた筆者にはチーム全体の士気が落ちたように感じられた。

 筒香という大黒柱はいたが、まるで補いきれない“ほつれ”があるように……。

 通訳を務める天野祥さんは、ロペスの人柄について次のように教えてくれた。

「チームの兄貴であり、親分肌。新しい外国人が来ると、日本の生活や文化、野球のことをチャモさんが教えてくれるので、僕らが必要ないぐらい助かっていますよ。また外国人選手ばかりでなく日本人の若手選手にも積極的にアドバイスを送り、チームの役に立ちたいと常に思っていますよね。そして筒香キャプテンを支える大切なひとり。人情味もあるし、まわりをよく見ている、まさにザ・プロフェッショナルですよ」

【次ページ】 撮影クルーに「カメラを止めろ!」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜DeNAベイスターズ
ホセ・ロペス
アレックス・ラミレス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ