ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

「若い選手たちに還元したいね!」
ハマの助っ人“チャモさん”のお話。 

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/03/27 10:30

「若い選手たちに還元したいね!」ハマの助っ人“チャモさん”のお話。<Number Web> photograph by Kyodo News

昨年9月にNPB通算150本塁打を達成したロペス。今年もチームの精神的支柱として、その果たす役割は大きい。

「日本のレベルは高い」

 ロペスに日本の野球について訊いたとき、次のように答えている。

「日本に来る外国人選手のなかには、日本の野球がメジャーにくらべ劣ると考えている人間がいるが、それは間違いだ。私は日本のレベルは高いと思うし、学ぶべきことはたくさんある。まずは準備を怠らないことだね」

 そしてチームメイトのために、自分が果たすべき責務がある、と。

「幸い日米で結果を出すことができたけど、それは先輩たちにアドバイスを受けたからだよ。今度はそれを若い選手たちに還元しなければいけないと思っているんだ」

 ロペスはできることならば日本で、横浜でキャリアを終えたいと思っている。そしていずれは選手たちを指導したいと考えているようだ。もしかしたらラミレス監督のような先駆者に、いずれはつづくのかもしれない。

スペイン語で“やんちゃ坊主”。

 余談であり私事で申し訳ないのだが、筆者はほんの少しスペイン語を話し、顏が浅黒く髭面だからなのか、ロペスから「メヒカーノ(メキシコ人)」と呼ばれている。顔を合わすと「タコス」「チリコンカン」と口にし、ケラケラと笑っている。いいですよ、タコスで。陽気で冗談好きなラティーノの一面も、またロペスの魅力だ。なんと言ってもスペイン語で“チャモ”とは“やんちゃ坊主”の意である。

 誰にとっても兄であり、そして選手たちを照らす眩しい太陽。絶対的な存在として、21年ぶりの頂点へ――頼みますね、チャモさん!

関連記事

BACK 1 2 3
横浜DeNAベイスターズ
ホセ・ロペス
アレックス・ラミレス

プロ野球の前後の記事

ページトップ