日々是バスケBACK NUMBER

八村塁、堂々の“スイート16”進出!
渡米後2年間で見せた急激な成長の跡。

posted2019/03/26 16:30

 
八村塁、堂々の“スイート16”進出!渡米後2年間で見せた急激な成長の跡。<Number Web> photograph by NCAA Photos via Getty Images

フェアレー・ディッキンソン大との対戦でプレーするゴンザガ大の21番・八村塁。渡米して2年。全米屈指のプレイヤーとなった。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

NCAA Photos via Getty Images

 八村塁(ゴンザガ大)の3度目のNCAAトーナメントは、ユタ州ソルトレイクシティのビビント・スマートホーム・アリーナで始まった。

 山に囲まれたソルトレイクシティの景色は、八村によると、彼の生まれ故郷である富山とよく似ているそうで、「思わず写真を撮ってしまう」ほど懐かしい気分になると言う。

 2年前、八村にとって初めてのNCAAトーナメントも同じ場所で始まった。当時、まだ渡米1年目の1年生で、勝敗が決まる前に試合に出ることはほとんどなかったが、それでも1回戦残り1分10秒にはコートに立ち、日本人男子選手として、史上初めてNCAAトーナメントに出場したのだった。

 もっとも、日本バスケットボール史上に残るそんな歴史的な瞬間のことを、八村塁は覚えてもいなかった。

 3月20日、NCAAトーナメント1回戦の前日メディアデーに、2年前の話を振ると、八村は目を丸くして言った。

「僕出たんですか? 本当ですか? 全然記憶ないですね」

「NCAAに出ることが目標ではないので」

 2年前の八村は、準備期間として見て学ぶシーズンを送っていた。

 実際、毎試合ベンチ入りしていたものの、NCAAトーナメント6試合で出場したのは3試合、合計6分間にすぎなかった。だからなのか、初めてNCAAトーナメントのコートに立った後も、そのことに特別に意義を感じていたわけでもなかったようだ。当時、八村はこう言っていた。

「NCAA(トーナメント)に出ることが目標ではないので。そこで勝つっていうことが目標なので。まだ僕は試合に出ていないんですけれど、来年に向けて、どういう雰囲気なのかとか、そういうところを学んでいきたいなと思います」

 あれから2年たち、今の八村は最終全米ランキング4位、西地区1シードのチームのエースだ。

【次ページ】 「僕が積極的にいかないと……」

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

八村塁
ゴンザガ大学

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ