猛牛のささやきBACK NUMBER

オリの“ジャイアン”は用意周到!?
新5番候補・頓宮裕真に漂う期待感。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/03/26 07:30

オリの“ジャイアン”は用意周到!?新5番候補・頓宮裕真に漂う期待感。<Number Web> photograph by Kyodo News

3月16日の広島戦。昨季セ・リーグ最多勝の大瀬良からレフト上段へ叩き込むホームランを放った頓宮。

同僚・山本由伸とは“お隣さん”。

 岡山理大附高から亜細亜大を経てオリックス入りした頓宮は、岡山県備前市出身。昨年中継ぎで活躍し、今年は先発ローテーションの一角を担うことになるオリックスの若手成長株・山本由伸とは“お隣さん”だと言う。

 山本に聞くと、「ほんとに隣ですよ。Googleマップ見ます? ほんとにピッタリくっついてて、つながってるみたいに見えますよ」と笑った。

 航空写真を見せてもらうと、山本の言うように、頓宮家と山本家のよく似た屋根がぴったりと寄り添うように並んでいた。そこで野球に出会い、育った2人が、プロの世界でもチームメイトになるとはなんという巡り合わせだろうか。

「(頓宮が指名されて)びっくりしたし、嬉しかったですね。めっちゃ不思議な感覚です」

昔の印象は「ジャイアン!」。

 頓宮が2歳上で、子供の頃は暇さえあれば頓宮家の前の空き地で野球をして遊んだ。

「センターの奥がゆうま君の家だったので、そこに当たったらホームラン、みたいなルールを作ってやってましたね」と山本は懐かしそうに回想する。

 子供の頃の頓宮は? と聞くと、「ジャイアン!」と笑った。

「いや、悪口じゃなくて、いい意味でですよ。みんなの中心的存在だったので。おもしろいし、野球うまいし、優しいし。人気者でした」

 山本が頓宮について話す時、「ゆうま君」と言ったあとに、「あ、頓宮さん」と言い換えるのが微笑ましい。

 一方の頓宮も、山本が登板する時には「(サードから)しっかり声かけてあげようかなと思っています」と優しい顔で言う。

【次ページ】 庭で素振りをする「ゆうま君」。

BACK 1 2 3 4 NEXT
オリックス・バファローズ
頓宮裕真
山本由伸
吉田正尚

プロ野球の前後の記事

ページトップ