プロ野球PRESSBACK NUMBER

秋山翔吾が3番、では1番は誰に?
西武の命運を左右する金子侑司。

posted2019/03/21 11:30

 
秋山翔吾が3番、では1番は誰に?西武の命運を左右する金子侑司。<Number Web> photograph by Kyodo News

オープン戦では全試合で出塁し、打率も3割越えをキープ。昨季、不振に苦しんだ金子の奮起に期待したい。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 3月19日現在、オープン戦での打率は3割4分2厘。個人打撃成績でも全選手中7位。今シーズン、ライオンズのトップバッターに据えられた金子侑司は、ここまでその打撃で好調さをアピールしている。

 ホームでの初めてのオープン戦となった千葉ロッテ戦のあと、辻発彦監督も金子についてこう語った。

「大いに成長を感じますね。今日の試合は3三振だったけれど、なによりこの位置を(1番打者・レフト)取るんだという意思の強さを感じます。ここ(メットライフ)のベンチで浅村(栄斗・楽天)が座っていた場所に『誰が座るのかな』と思って見ていたら、金子が座っていた。自分が引っ張っていこうという気持ちの表れでしょう」

 金子は言う。

「昨年秋のキャンプ、自主トレで継続してきたことがちょっとずつ形になってきているかなと思います。しっかり、強く振って、低い打球を打つことを意識してやってきました。僕はホームランを打てる打者じゃない。でも、しっかり強くバットを振らないと相手ピッチャーは怖くない。そういう意識を持って、コーチ陣に見てもらいながら取り組んできたことが形になってきたかな、と」

悩んだ左打席のバッティング。

 昨年、金子はシーズン序盤からスターティングメンバーとして起用されながらも、なかなか数字を挙げることができずにシーズンを終えた。結果は2割2分3厘。特に右投手に対する、左打席での打率の低さが際立った。

「これほど左(打席)で打てないのは野球人生で初めて」

「ヒットを打つ自分の姿をイメージできない」

 シーズン中にはそんな弱音をこぼすこともあった。

【次ページ】 金子に寄り添った赤田コーチ。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

埼玉西武ライオンズ
金子侑司
辻発彦
赤田将吾

プロ野球の前後のコラム

ページトップ