“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

単なる“早熟タレント”じゃない。
17歳松岡大起は鳥栖の起爆剤となる。

posted2019/03/20 07:30

 
単なる“早熟タレント”じゃない。17歳松岡大起は鳥栖の起爆剤となる。<Number Web> photograph by Takahito Ando

ユース所属の2種登録選手ながら、リーグ戦3試合連続でスタメン出場する松岡。U-18日本代表のUAE遠征メンバーにも選出された。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 まず、この物語の主役は2001年6月1日生まれの17歳である。

 J1第4節・サガン鳥栖vs.ジュビロ磐田の一戦。これまでリーグ3連敗でいまだに勝ち点をつかめずにいた鳥栖は、ホーム・駅前不動産スタジアムで悲願のリーグ戦初白星をつかむべく、緊迫したゲームを繰り広げた。

 この試合、右サイドハーフで3試合連続のスタメン出場を果たしたMF松岡大起は、0-0で迎えた65分にDFカルロ・ブルシッチとの交代を告げられる。こみ上げてくる悔しさを押し殺しながらベンチに座り、ピッチを食い入るように見つめていた。

 この試合の松岡の出来が決して悪かったわけではなかった。

 持ち前のポジショニングの良さと球際の強さ、前への推進力を駆使し、右サイドバックの原輝綺と抜群の連係を取りながら、ボールポゼッションに関わっていた。むしろ、攻守の切り替えの面で、確実に試合の流れを作り出していた。

攻守に貢献する松岡。

「今日はまず守備で相手にきっちりとプレッシングをかけて、ボールを奪い切ることを意識しました。(対峙する)アダイウトン選手は、アジリティーを考えても、僕の方が俊敏性で勝負できると思ったので、しつこく食らいつきました」

 この言葉通り、マッチアップした磐田MFアダイウトンの仕掛けを、原とのコンビネーションでことごとく封じた。

 その一方で、攻撃ではスペースの使い方を意識したという。

「相手の裏のスペースに走って、味方がプレーしやすいスペースをつくり、ボールを受けること。そして、ポジションを入れ替えることを意識しました。

 輝綺くんとは、タイミングにより、内と外で入れ替わったり、逆にワイドに張ってみたりと、相手に応じた変化を加えるようにしました。意識的に『ボールにちょっと触れればゴールに入る』ような位置に入り込むことは考えていました」

【次ページ】 ゴールの匂いを感じさせる質の高さ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サガン鳥栖
松岡大起

Jリーグの前後のコラム

ページトップ