“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

単なる“早熟タレント”じゃない。
17歳松岡大起は鳥栖の起爆剤となる。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/03/20 07:30

単なる“早熟タレント”じゃない。17歳松岡大起は鳥栖の起爆剤となる。<Number Web> photograph by Takahito Ando

ユース所属の2種登録選手ながら、リーグ戦3試合連続でスタメン出場する松岡。U-18日本代表のUAE遠征メンバーにも選出された。

刺激を与える同世代のライバルたち。

 さらなる成長を誓う松岡を突き動かすのは、サッカーへの情熱だけでなく、強烈な危機感があった。

「同い年には本当にハイレベルな選手がたくさん揃っています。斉藤光毅(横浜FC)は本当に上手い。トップ昇格した山本理仁(東京ヴェルディ)も。それから久保建英(FC東京)はプロに混ざっても主軸のような力を持っている……。

 あと(東福岡高校の新10番)荒木遼太郎とは同じ熊本出身でずっと一緒にプレーしてきました。技術的に僕より全然うまい。少しでも気を抜いたら置いていかれてしまう気持ちはあります」。

 名前が挙がった久保、斉藤、山本、荒木の4人の他にも、西川潤(桐光学園高校2年)は来季のセレッソ大阪加入が内定し、すでにカップ戦で実戦デビューを果たしている。尚志高校のFW染野唯月はJクラブの争奪戦が繰り広げられるなど、松岡の代はまさに多士済々だ。

「自分が輝ける長所をもっと磨いていきたい。その長所を周りから認めてもらえるよう成長しないといけないと思います」

 ただの長所ではいけない。年齢関係なく、プロサッカー選手として厳しい世界で渡り合っていくための強固な武器にしないとならない。それはポジションが変化しても同じ。確固たる武器を持つからこそ、ポジション変化にもハイレベルで対応ができるというものだ。

 それをすでに経験する松岡大起は単なる「早熟のタレント」ではない。まだまだ進化の発展途上にある。彼のパーソナリティーを知れば知るほど、それが分かるはずだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サガン鳥栖
松岡大起

Jリーグの前後のコラム

ページトップ