リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

コウチーニョ、バルサ2年目の迷い。
イニエスタの後継と目された不幸。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byUniphoto Press

posted2019/03/17 10:00

コウチーニョ、バルサ2年目の迷い。イニエスタの後継と目された不幸。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

CLリヨン戦ではゴールを決めたコウチーニョだが、リバプール時代の力を発揮できているとは言い難い。

バルサ移籍後、誰もが通る道。

 冒頭のラージョ戦後、指笛に対する意見を求められたピケは、サポーターの反応に理解を示した上でコウチーニョを支えた。

「観客の反応は受け入れなきゃ。彼らは応援してくれているんだから。でもチームメイトは皆、全力で彼をサポートするよ。シーズン終盤に入り、俺たちは最高のコウチーニョを必要としている。彼は必ず最高のプレーを見せてくれるようになるだろう」

 説得力があったのはセメドの一言だ。

「バルサに移籍してきた誰もが通る道を、コウチーニョはいま通っている」

 昨季は振るわなかったセメドだが、バルサ2年目の今季は自分の役目を完全に把握し、素晴らしいパフォーマンスを見せている。

 コウチーニョにも、もう少し時間が必要なのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
フィリペ・コウチーニョ
バルセロナ
アンドレス・イニエスタ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ